リヨン

パリ⇔リヨンの行き方【バス・鉄道・飛行機・レンタカー】移動手段別アクセス方法

この記事を書いた人
マリ@旅ブロガー オハヨーツーリズム
当ブログ「フランスボックス」はフランスが大好きな旅ブロガーのマリと、パリに2年間芸術留学していたねるのふたりで運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信しています。記事が役に立ったらSNSや友人にシェアしてくださると嬉しいです!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。
mari
mari
ボンジュー!フランスボックスのマリ(@mari_ohayotourism)です。

フランス旅行をする際に、一番神経を使うのが、迷わず、ミスせず目的地につけるか。

毎月のように海外旅行するわたしでも、新しい場所へ行くのは毎回緊張します。

ひとり旅ならまだしも、子供や両親、友人など同行者がいたらなおさら失敗したくない(笑)

美しい街並みが魅力のリヨン美しい街並みが魅力のリヨン

当ブログ「フランスボックス」では、これから旅をする方のために、パリから地方への移動方法について各都市を紹介していきます。

今回の記事でご紹介するのはフランス第二の都市リヨン。

この記事を読んで、旅の不安が少しでも解消できると嬉しいです!

おすすめ

リヨンシティカードは知ってる?

☑公共交通機関乗り放題
☑美術館など観光スポット入場可
☑ソーヌ川のクルーズ体験付き
☑現地ガイド付きツアー含む

選ぶプランによっては
空港送迎ありプランもあるよ!

1日券から選べるので
24時間以上リヨンに滞在するなら
ぜひ利用してみてくださいね

空港送迎ありなし選べる
リヨンシティカード購入する

パリからリヨンへの移動手段・アクセス方法は4つ

パリからリヨンは直線距離で約400キロ。主な移動手段は、

の4つです。

飛行機に乗るため空港へ行く時間とお金を考えると、最も効率よく適正価格で移動できるのは鉄道でしょう。

mari
mari
わたしが実際にリヨンへ行った際も鉄道を利用しました。
料金 時間 総評
高速鉄道 2時間
高速バス 6時間
レンタカー
(複数人なら)
5時間
飛行機 × 1時間

それぞれの移動方法や料金の相場、注意点などを詳しく紹介していきます。

おすすめ順に並べたので、ぜひ興味ある項目をご覧ください。

パリからリヨンは高速鉄道が最もおすすめ(所要時間は約2時間)

パリからリヨンへの鉄道の所要時間は約2時間。

パリからリヨンへの最速の鉄道は、TGVテージェーヴェーと呼ばれる高速列車です。

また、トレニタリアの高速列車Frecciarossaフレッチャロッサも運行していて、これが安い!

mari
mari
トレニタリア(Trenitalia)はミラノとパリを結ぶイタリアの鉄道会社で、フランス国鉄のチケットより安いので、要チェック!

どちらもパリからリヨン駅まで、ほぼノンストップで運行するので、限られた時間で旅する人にはおすすめです。

料金 時間
TGV/inOui(新幹線) 高い 2時間
フレッチャロッサ TGVより安い 2時間
TER(急行) TGVよりは安い 5時間

※TGVは正確に言うと新幹線ではありませんが、速度やグレードのイメージしやすいように当ブログでは新幹線と表記することがあります。

inOuiイヌイというのはTGVの新ブランドのこと。

鉄道チケット購入方法

鉄道のチケットは、駅の窓口やSNCF(フランス国鉄)のウェブサイトから購入できますが、わたしのおすすめは断然Omioなどの一括検索サービスを使うこと!

SNCFでは検索できないトレニタリアの安いチケットや、比較検討対象となるバスの料金や時間が一発でわかるので、ヨーロッパ旅行の時は手放せない存在になっています。

毎回個人情報を入力する必要もなく、チケット紛失のリスクもありません。

気になる手数料はたった数ユーロ。

mari
mari
先日利用したときはだいたい2ユーロくらいでした
omioは日本語で簡単に検索ができて、とっても便利!omioは日本語で簡単に検索ができて、とっても便利!
mari
mari
今回のパリからリヨンのチケットもOmioで購入しました。

さらに日本語対応でわかりやすく本当に旅がしやすい時代になったなと、驚いています。

しかし、ヨーロッパの鉄道料金は期間によって金額が激しく変動します。

日付や時間を少し変えるだけで、日本人からすると、信じられないくらい料金が上がるんです。

omioでパリ市内からリヨンまでを一括検索した結果omioでパリ市内からリヨンまでを一括検索した結果

たとえば、1か月後のパリ⇔リヨンの鉄道チケットは「Frecciarossaフレッチャロッサ」が29ユーロとなっているのに、直前の週末となると59ユーロに跳ね上がっています。

人気の時間帯でTGVを選ぶとなんと89ユーロ!4人で家族旅行をしている場合、そもそもチケットが取れない、数万円高くなってしまったということもザラにあるので、早め早めの予約を強くおすすめします。

mari
mari
そういうわたしも結構直前になってしまうことがあって、いつも後悔しています(笑)
日本語で一括検索ができる

Omioで
乗車券を検索する

鉄道の発着駅

美しい駅舎にほれぼれパリのリヨン駅美しい駅舎にほれぼれパリのリヨン駅

パリからリヨンに向かう際の発着駅はリヨン駅(Gare de Lyon)。

リヨン駅構内はやや広いがとてもわかりやすいので迷うことはないでしょうリヨン駅構内はやや広いがとてもわかりやすいので迷うことはないでしょう

これからリヨンに行くのに少し紛らわしいですが、パリのリヨン駅なのでお間違えのないように!

リヨンは

  • Lyon Part Dieuリヨン・パール・デュ―
  • Lyon Perracheリヨン・ペラーシュ

の2ヶ所あります。

日本でいうところのちょうど上野駅と東京駅くらいの感じで、約4キロの距離。

ほとんどの記事でパールデュー駅までの行き方しか記載がありませんでしたが、旧市街に近いホテルに泊まる場合はペラーシュ駅の方が近いケースがあります。

地図で位置を確認してどちらで降りた方が便利か確認しましょう。

パリ在住者が教えるホテルの選び方と安全でコスパの良いおすすめエリア【立地・治安】 当ブログ「フランスボックス」ではパリを中心に観光地、グルメ、ショッピングについてガイドブックなしで旅行できることを目指しています...

鉄道移動の注意点・座席選びのコツ

TGVやフレッチャロッサなど、高速列車の車内は快適で座席は広々としています。

日本の新幹線にグリーン車と普通車があるように、1等車と2等車の2クラスに分かれていますが、普通車でも十分快適なので、わたしは2等車を利用することが多いです。

パリからリヨンへの鉄道の旅は、フランスの美しい景色を眺めながら快適に過ごすことができますよ!

高速列車(TGVやTERなど)のチケットは当日に券売機や窓口でも買うことができますが、乗る直前に駅で切符を買うのはおすすめできません。

なぜなら、座席指定のある電車の場合は予定していた切符が売り切れていたり、券売機のトラブルなどで1時間以上待った経験があるから。

予約が遅くなると料金も2倍以上になることがあるので、予定通りの切符を購入するためにも、安く買うためにも、事前に購入は必須!!

わたしたちのおすすめは日本語で一括検索が可能なOmioです。

日本語で一括検索ができる

Omioで
乗車券を検索する

また、クーポン利用ができるならklookでもオンライン事前予約が可能。

【klook
当サイト限定クーポンで最大6%割引】
クーポンコードKLOOKOHAYO
☑2025年7月1日まで
☑上限1,000円まで
☑3回まで利用可

※日本語でうまくチケットが表示されない場合は、アルファベットで再検索してみてください(カナだと表示されない場合があります)

klookで乗車チケット
オンライン予約する

フランス国鉄SNCFのTGVの乗り方・料金支払い方法徹底ガイド【新幹線】 TGVはフランス国鉄(SNCF)が運行する高速鉄道。 フランスの新幹線と呼ばれることもありますが、実際はそうではありません...

パリからリヨンへ安く行くなら高速バス(所要時間は6〜7時間)

パリからリヨンへのバスの所要時間は約6~7時間。

鉄道の所要時間は約2時間なので、コストは抑えられますが時間はかかります。

バス会社の種類

パリからリヨンへのバスは、いくつかの会社が運行しています。

  • BlaBlaCarBus(旧OUIBUS)
  • Flixbus

※バス乗り場は各バス会社のチケットを確認してください。

バスチケット購入方法

バスのチケットは各バス会社のウェブサイトから購入できますが、ここでもわたしは鉄道と同じくOmioでの事前購入を推します。

なぜなら、違う会社のバスと金額や時間を比較しやすいから。

バスも鉄道と同じく、席がうまってくるとジワジワ値上がりするので、早め早めの購入がおすすめ。

omioでパリ市内からリヨンまでを一括検索した結果
mari
mari
鉄道のように50ユーロ違うということはありませんが、わたしはリヨンからアヌシーの時間を迷っている2日間の間に2ユーロ上がって損した気になりました(笑)

鉄道の時間と料金とにらめっこしながら、都合の良い便を見つけてください。

日本語で一括検索ができる

Omioで
乗車券を検索する

バスの発着地

パリは「ベルシー(Bercy)」駅が利用されることが多いです。

その他だとシャルル・ド・ゴール空港からリヨンに向かうバスもあります。

バス停は少しわかりづらかったので、事前に下見に行きましたバス停は少しわかりづらかったので、事前に下見に行きました

リヨンからパリへ向かうバス乗り場は「Lyon Perracheリヨン・ペラーシュ」駅にありますが、構内が少し入り組んでいてわかりづらいです。

バス会社によって、乗車場所が違うので、案内板をよく見て早めに到着するのがおすすめです。

間違って「Lyon Part Dieuリヨン・パール・デュ―」駅に行かないよう注意しましょう!

バス移動の注意点

多くのバスではWiFiや充電用の電源があるため、意外と快適に過ごせると思います。

注意点は絶対に乗り遅れないこと!

mari
mari
わたしはトイレ休憩の時に一度置いて行かれたことがあります…。家族が乗っていたので戻ってきてくれましたが本当に焦りました。

ほとんどの場合、バス停留所は、鉄道駅を見つけるより難しいと思います。

なかなか情報も出てこないし、歩いている人に聞いてもわからないということが多く、バス自体も遅れたりするので、無事に乗車できるまで気が抜けません。

ホテルから乗り場がそれほど遠くなければ、荷物を持たずに下見に行くのもおすすめです。

場所が確実にわかっていれば、出発時に大きな荷物を持って長時間待たずにすみます。

mari
mari
めんどうですが、治安のよくない駅周辺で長時間待つのが嫌なので、マルセイユやアヴィニョンでは到着時に下見をしておきました。

車を使ってパリからリヨンへ行く(所要時間は約5時間)

パリからリヨンへのドライブは、約5時間です。

リヨン周辺の観光地(ペルージュやシュヴァルの理想宮)の中には公共交通機関を使うと時間がかかる場所もあるので、運転が好きで複数人の旅であればレンタカーの利用は大変おすすめです。

パリからリヨンへの最速のルートであるA6号線を利用する場合は、パリ市内を抜けて、A6号線を南に向かいます。

かわしまねる
かわしまねる
A6号線は、フランスの主要な高速道路の1つで、パリからリヨン、マルセイユ、ニースなど、南フランスの主要都市を結んでいます。

A6号線を南に向かって進むと、シャンパーニュ地方の美しい田園風景を眺めることができます。

また、途中には、ヴェルサイユ宮殿やシャンパーニュの産地など、見どころもたくさん!

リヨン市内に入ると、ローマ時代の遺跡や、美しい川沿いの景色を楽しむことができますよ。

レンタカー予約の注意点

車での旅は本当に素晴らしい思い出ですが、必ずフルカバーの保険に入っておきましょう

以前、事前に安いプランで借りていたにも関わらず、当日保険がフルカバーになっていないと言われ追加料金がかかったことがあります。

そのときは返却時に「少しだけこすった跡がある」という指摘が入ったものの、追加料金を払っていたために高額請求を免れることになりました。保険には必ず入っておきましょう。

また、車の故障など万が一のことが起きた際、近くに人がいない場所だと、スマホがないと助けを呼ぶことができません。

道に迷って地図が必要になったり、危険情報をチェックするためにも、現地でのネット環境を整えておくことを忘れずに。現地で使えるSIMカードを購入するかWi-Fiをレンタルしましょう。

また、行く先にもよりますが、繁忙期だと希望の車種がレンタルできない可能性や、直前の予約だと値段が高くなる恐れがあります。日程が決まった段階の早めの予約がおすすめ。

レンタカーはネット予約可能

フランスの
レンタカーを予約する

mari
mari
海外でレンタカーを借りる際は、出国前に近隣の免許センターや警察署で国際免許証を取得するのをお忘れなく

パリからリヨンへ飛行機で行くのは不便(所要時間は約1時間)

パリからリヨンへのフライト時間は約1時間と短いですが、空港近くに宿泊していなければ、地上での移動ロスが大きすぎるため、全くおすすめできません。

リヨンから空港はそれほど離れていないため、シャルルドゴール空港やオルリー空港から直接リヨンに向かいたいということであれば、良いと思います。

リヨンから市内への空港アクセスは「リヨン空港(LYS)⇔市内アクセスはローヌ・エクスプレスがおすすめ」の記事で詳しく紹介しています。

リヨンシティカード」を使えば本来片道16.9ユーロかかるローヌエクスプレスが、往復22.1ユーロと格安料金で乗車できるため、空港から市内まで往復する予定の方はぜひ検討してみてください。

リヨン観光はGetYourGuide

空港送迎付き
リヨンシティカードを見てみる

リヨン空港(LYS)⇔市内アクセスはローヌ・エクスプレスがおすすめ【タクシー・トラム・送迎】 フランスの第2の都市であるリヨン。 国際空港があるので、パリを経由せず、リヨン・サン=テグジュペリ空港から直接リヨンへ向か...

リヨンの街をもっと楽しむ

世界遺産の街として知られるリヨンは、見どころが盛りだくさん!

  • ユネスコ世界遺産の旧市街
  • 美食の都のグルメ
  • 絶景のノートルダム大聖堂

などなど!!

街中には美味しいレストランやビストロが数多くあり、リヨンは観光とグルメが同時に楽しめるところが最大の魅力です。

リヨンの主要観光スポット

トラブール(Traboule)

世界遺産の旧市街を堪能する上で外せないのは、「トラブール」と呼ばれる細い抜け道。

人気のトラブールは旧市街に集中しています。

リヨンならではの不思議な世界へリヨンならではの不思議な世界へ

リヨンにはトラブールが500以上あるともいわれており、一部は旅行者にも開放されています。

扉を抜けると外部と遮断された特別な空間が現れ、散策するのがとっても楽しい!!

タイムスリップしたような気分にタイムスリップしたような気分に
mari
mari
有名なトラブールにはプレートが掲載されています。宝探しのようにして見つけてください♡

ノートルダム大聖堂(Basilique Notre-Dame de Fourvière)

ノートルダム大聖堂(Basilique Notre-Dame de Fourvière)ノートルダム大聖堂(Basilique Notre-Dame de Fourvière)

リヨンのシンボル、ノートルダム・ドゥ・フルヴィエール・バジリカ聖堂。

1872年から1896年にかけて建てられたこの聖堂は、リヨンの旧市街と新市街を一望できる絶景スポットです。

ノートルダム大聖堂(Basilique Notre-Dame de Fourvière)ノートルダム大聖堂(Basilique Notre-Dame de Fourvière)

ステンドグラスにフレスコ画、床から天井まで素晴らしすぎて言葉が出ません。

ノートルダム大聖堂(Basilique Notre-Dame de Fourvière)ノートルダム大聖堂(Basilique Notre-Dame de Fourvière)

フランスには素晴らしい教会がたくさんありますが、ここが必見なのは納得。普段興味のない方にもぜひ足を運んでもらいたいスポットです。

ノートルダム・ドゥ・フルヴィエール・バジリカ聖堂
住所 8 Place de Fourvière, 69005 Lyon 地図
行き方 Vieux Lyonヴュー リヨン駅から約3分
時間 7:00-19:00
定休 なし
料金 無料
HP https://www.fourviere.org/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

リヨンといえばブションでのランチ&ディナー

多くの旅行者がブション*でのランチ&ディナータイムを目当てにやってきます。

*ブションとはリヨンで伝統料理を提供する食堂

ガイドブックやネット検索、ホテルのスタッフにおすすめを聞いてみるのも◎ガイドブックやネット検索、ホテルのスタッフにおすすめを聞いてみるのも◎

日本でも有名なポール・ボキューズ本店があるのもリヨン。

星付きレストランからカジュアルなものまで様々なレストランがあるので、ぜひお腹を空かせて訪れましょう!

アミューズ(ちょっとした前菜)も美味しいアミューズ(ちょっとした前菜)も美味しい

定番料理のクネル(白身魚の身をすりつぶした魚料理)や内臓系の料理がおすすめです。

プラリネ・ローズのタルトプラリネ・ローズのタルトは小さなサイズもおすすめ

スイーツならカスタードクリームにメレンゲを浮かせたîles flottantesイル・フロッタントTarte aux pralinesタルト・オ・プラリーヌがリヨン名物。

また、リヨンと言えば美味しいチョコレートも有名。

ベルナシオンをはじめ、有名ショコラティエがたくさんあります。

ベルナシオン(Bernachon)ベルナシオン(Bernachon)

厳選したカカオ豆からチョコレートを作る老舗ショコラトリーのベルナシオン。

世界中にファンを持ちますが、実店舗はリヨンとパリだけ。

本店はリヨンにあります。

ベルナシオン(Bernachon)ベルナシオン(Bernachon)のパレドール

田中みな実が絶賛し、アナザースカイでも取り上げられたことで日本人からの人気もさらに高まっています。

円形のチョコレートに金箔がまぶされた「パレドール」が有名。

mari
mari
バレンタイン時には日本でも手に入れることはできますが、お値段は約4倍。せっかくなので、200ユーロ近くお土産に購入しました!

ポール・ボキューズ市場(Les Halles de Lyon Paul Bocuse)

ポール・ボキューズ市場(Les Halles de Lyon Paul Bocuse)ポール・ボキューズ市場(Les Halles de Lyon Paul Bocuse)

美食の都と呼ばれるにふさわしいのがポール・ボキューズ市場(Les Halles de Lyon – Paul Bocuse)。

ポール・ボキューズ市場(Les Halles de Lyon Paul Bocuse)ポール・ボキューズ市場(Les Halles de Lyon Paul Bocuse)

新鮮でバラエティ豊かな食材が陳列された上品な雰囲気の市場で、バーやレストランも併設されています。

ポール・ボキューズ市場(Les Halles de Lyon Paul Bocuse)ポール・ボキューズ市場(Les Halles de Lyon Paul Bocuse)

美味しいグルメをお目当てに、地元の人たちだけでなく、旅行者にも人気のスポット!ぜひ足を運んでみてくださいね♪

もし言語や会話が不安で市場に行くか悩んでいる方は、日本語アシスタント付きの現地ツアーを利用されるのがおすすめです。

日本語付きツアーはこちら

日本語アシスタント付き
美食の都リヨン街歩きツアー
icon

ポール・ボキューズ市場
住所 102 Cours Lafayette, 69003 Lyon 地図
行き方 ベルクール広場から徒歩約23分
時間 7:00-19:00(日曜日13:00まで)
定休 なし
HP https://www.halles-de-lyon-paulbocuse.com/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

その他の見どころや、楽しみ方は「リヨン人気観光地と見どころを地図付きでご案内」でたっぷり紹介しているのでお見逃しなく!

リヨン人気観光地と見どころを地図付き解説!治安・行き方・おすすめ土産 リヨンはフランスの南東部に位置するローヌ・アルプ地方の中心都市としてガリア・ローマ時代から繁栄し、パリに次ぐフランス第2の都市。...

リヨンでシティパスを活用する

リヨンには「リヨンシティカード」と呼ばれる

  • 公共交通機関乗り放題(メトロ・バス・トラム等)
  • 美術館などの観光スポットに入れる
  • ソーヌ川クルーズ体験
  • 現地ガイド付きツアー含む

お得なシティパスがあります。

おにちゃん
おにちゃん
限られた日数でリヨンを効率的に楽しむならおすすめ!

滞在期間に合わせて、24〜96時間(1日〜4日間)のカードが用意されており、公共交通機関が無料に!

リヨンシティカードは市内でも購入できますが、リヨンの現地ツアーやチケットを多く取り扱っているGetYourGuideでも販売されていました。

わたしが実際に購入して使った様子や、元がとれたかどうかは「リヨン・シティカードは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について」をご覧ください!

リヨン観光におすすめ

リヨンシティカード
もっと詳しく知る

リヨンシティカードを手に入れれば公共交通機関は乗り放題なのでそこまで切符等の心配をする必要はありませんが、リヨンでの公共交通機関の乗り方や切符の買い方は「リヨンの地下鉄・バス・トラムお得な切符の選び方と乗り方・料金・チケット購入方法」でまとめています。

【2024年】リヨンの地下鉄・バス・トラムお得な切符の選び方と乗り方・料金・チケット購入方法【TCL テ・セ・エル】 リヨン市内の公共交通機関TCL(Transports en commun lyonnais)には、地下鉄・トラム・バス・ケーブル...

リヨンで人気おすすめホテル

リヨンは大きな街ではないと言いつつも、地方都市としてはそれなりの広さがあり、駅から中心部までは歩いて移動する距離ではありません。

リヨンのホテル選びもまた、他の都市と比べて難しいと感じました。

  • 滞在日数が1泊と短いならターミナル駅(パールデュー駅かペラーシュ駅)近くのホテルをおすすめ
  • 2泊以上するなら街の中心(ルクール広場からテロー広場にかけてのエリア)に泊まってホテルを拠点に観光もいいかも
  • 観光の中心となる旧市街エリアはとても素敵ですが、石畳の道が続くため、荷物を持った移動がやや不便
mari
mari
実際に泊まってみて、荷物の量、旅慣れた人と移動するかどうか、何日間滞在するかでおすすめが変わってくるなとしみじみ感じました

また、フランスでハイブランドや食品を購入される場合、買ったらすぐに荷物をすぐに持って帰れるところが中心地に泊まる大きな利点

ハイブランドやデパートの紙袋はスリの格好のターゲット。大きな荷物を持ってメトロやトラムに乗るのはおすすめできません。

中心地に泊まれない場合も、買い物した後は袋を隠したり(荷物が大きくなければわたしはスーパーのエコバッグに入れ替えます。)、タクシーを利用してとにかく安全重視で行動してくださいね。

各エリアごとのおすすめホテルは「フランス・リヨンでの人気おすすめホテル9選!エリア別の治安と選び方」で詳しくご紹介しています。

また、スリなどの防犯対策はパリと変わらないので、あまり旅慣れていない方はぜひ「フランス在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法」の記事も熟読されることをおすすめします。

フランス・リヨンでの人気おすすめホテル9選!エリア別の治安と選び方 楽しいフランス旅行で、一番悩ましいのがホテル選び。 パリと比べると随分とマシですが、リヨンのホテル選びもまた、他の都市と比...
パリ治安情報2024年最新|フランス在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法パリに2年間在住していた筆者が現地でスリに遭わない方法、具体的な手口について詳しく解説していきます。スリだけでなく物乞いも日本とは違ってたくさんいます。楽しいパリ旅行のために事前にしっかりと手口を把握しておきましょう!...

リヨンで現地ツアーに参加する

リヨンには日本語アシスタントと街歩きを楽しむ現地ツアーがあります。

英語でも問題なければ上記のツアーよりかなり安く周れるほか、リヨン発のボジョレー地方ツアーもありました。

リヨンのガイドブックは持っておいて損なし

ガイドブックはスマホやタブレットで読める電子書籍でも問題ありませんが、現地では情報の探しやすさ重視で、紙のガイドブックを1冊持っておくことをおすすめします。

フランス関連の書籍を20冊以上読んで厳選した中で、わたしたちがおすすめするガイドブックは地球の歩き方です。

ツアーガイドや旅慣れた人が購入するのはやはり地球の歩き方。

全579ページはもはやガイドブックというより教科書レベル。

内容もかなり充実しており、その国の文化、歴史、生活習慣なども理解できるため、旅の満足度が格段にあがります。

20年旅を続けて痛感していますが、まったく知識がない場所だと人はなかなか感動できないものです。背景を知って初めて心に響いたという経験が何度もあります。

フランス版はこちら

パリやニース以外の地方都市の情報も詳しく載っているので周遊するには欠かせない1冊

フランスのハイライトはもちろん、文化やアート情報、お土産屋グルメに関しても詳しく紹介されています。

現地で体調を崩した時や犯罪に巻き込まれた時の連絡先や緊急時の医療会話まで載せているのは本当に素晴らしいと思います。

また地球の歩き方以外であれば、わたしの大好きな旅のヒントBOOKから「美食の古都散歩 フランス・リヨンへ」が出版されています。

リヨンで気軽に楽しめるお店や、近郊の街が紹介されており、旅行に一役買いました。

三ツ星レストランをメインに楽しむ予定の方には物足りないかもしれません。

リヨンならこの1冊!
フランス・パリ人気ガイドブック20冊以上読んで徹底比較!おすすめ本は地球の歩き方 旅のお供といえばガイドブック。インターネットでほとんどの情報が調べられるようになったとはいえ1冊買っておくと心強いですよね。 ...

パリ⇔リヨンのおすすめ移動手段・アクセス方法まとめ

自分が旅行前に知りたかった詳しい移動方法を、しっかり詰め込んだ内容になっているのではないでしょうか!

初めて行く場所は、治安や駅の大きさ、迷わず行けるのか不安になることも多いと思います。

しかしその不安こそが、色んなリスクからあなたの身を守ってくれます!どんなに旅慣れても気を抜いたところでスリにあったり、荷物を盗まれたりするものです。

特に大きな駅周辺は、注意しすぎるくらいしてちょうどいいので、ホテルに到着するまでは緊張感を持って無事移動してくださいね!良い旅を!

おすすめ

リヨンシティカードは知ってる?

☑公共交通機関乗り放題
☑美術館など観光スポット入場可
☑ソーヌ川のクルーズ体験付き
☑現地ガイド付きツアー含む

選ぶプランによっては
空港送迎ありプランもあるよ!

1日券から選べるので
24時間以上リヨンに滞在するなら
ぜひ利用してみてくださいね

空港送迎ありなし選べる
リヨンシティカード購入する

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリのホテル選びは本当に難しく、日本と違って価格と質が一致しないことも多いため、あらかじめ、情報をインプットしておくのがおすすめです!

当ブログ「フランスボックス」ではパリ在住者が教えるホテルの選び方と安全でコスパの良いおすすめエリアでホテルに関する注意点や知っておきたい情報をまとめました。

日本人に最も人気のエリアで、わたしたちもおすすめするオペラ座周辺のホテルについてもぜひご覧いただけると嬉しいです!

予算はどれくらいかかっても一流ホテルに泊まりたいという方は、パレスホテルの代表、オテルリッツをおすすめします。

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルで、サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

オテルリッツの料金を
チェックしてみる

関連記事
リヨン

リヨン空港(LYS)⇔市内アクセスはローヌ・エクスプレスがおすすめ【タクシー・トラム・送迎】

2024年4月6日
フランスボックス|フランス旅行情報
フランスの第2の都市であるリヨン。 国際空港があるので、パリを経由せず、リヨン・サン=テグジュペリ空港から直接リヨンへ向かうこ …
リヨン

【2024年】リヨンの地下鉄・バス・トラムお得な切符の選び方と乗り方・料金・チケット購入方法【TCL テ・セ・エル】

2024年6月8日
フランスボックス|フランス旅行情報
リヨン市内の公共交通機関TCL(Transports en commun lyonnais)には、地下鉄・トラム・バス・ケーブルカー …
リヨン

リヨン旅行の人気定番お土産7選と特産品|旅のプロおすすめ心ときめく商品をご紹介

2024年4月7日
フランスボックス|フランス旅行情報
フランスのお土産選びはとても楽しく、素敵なお店を眺めているだけであっという間に時間がたってしまいます。 とりわけグルメの街であ …