オクシタニー PR

世界遺産ロカマドゥール人気観光地と見どころを地図付きでご案内|行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド

この記事を書いた人
マリ@旅行ブロガー オハヨーツーリズム
当ブログ、フランスボックスはパリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんのふたりで運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信してるのでフォローやコメントよろしくお願いします!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。

フランス南西部アルズー渓谷の絶壁にあるRocamadourロカマドゥールは、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路としてユネスコの世界遺産に登録されています。

このページでは、巡礼地として有名なロカマドゥールの見どころをご紹介していきます。

こんな方におすすめ!
  • フランスの文化・慣習に興味がある
  • 世界遺産に興味がある

パリのホテル代が高すぎる!

久しぶりのパリ旅行
ツインで清潔感のある部屋を探したら

たったそれだけの条件なのに
日本で1泊2万円ぐらいのホテルが
パリではなんと1泊3〜5万!?

お手上げ状態だったホテル探し…
私が宿泊代を節約した方法
詳しくまとめました

予約前に知らなきゃ損

わたしが宿泊費を
大幅コストカットした方法

ロカマドゥールの観光情報

ロカマドゥールロカマドゥール、城内の中庭

歴史

ロカマドゥールは、キリスト教の重要な巡礼地の1つ。

1166年にロカマドゥールで、聖アマドゥールの遺骸が腐敗せず完全に保存された状態で見つかりました。

遠くから見た、ロカマドゥール遠くから見た、ロカマドゥール

それ以来、歴代のフランス国王をはじめ、たくさんの巡礼者がこの地を訪れるようになります。

ロカマドゥールの地名は、「la roque de Saint Amadourラ・ロック・ド・サン・アマドゥール」=アマドゥールの岩に由来するもの。

ロカマドゥールのシテ(街)ロカマドゥールのシテ(街)

聖アマドゥールの遺骸を納めた地下礼拝堂とサン・ソヴール・バジリカ聖堂(Basilique Saint-Sauveur)は、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の一部としてユネスコの世界遺産に登録されました。

おすすめ観光の周り方

村の一部は世界遺産に登録されており、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路になっています。

ロカマドゥールは、サンクチュアリ(聖域)とシテ(街)に見どころが集まっています。

ロカマドゥールの観光名所と見どころ

ロカマドゥールのシテ(街)ロカマドゥールのシテ(街)

ロカマドゥールの村は、3つの階層から成りたちます。

上層部に城、中層部に礼拝堂などのサンクチュアリ(聖域)、下層部にシテ(街)と分かれています。

シテと呼ばれる門前町には、ホテルやレストラン、お土産ショップが立ち並び賑やかな雰囲気。

ロカマドゥールのサンクチュアリロカマドゥールのサンクチュアリ

「巡礼者の大階段(Grand escalier des pèlerins)」と呼ばれる216段の階段は、シテから上方のサンクチュアリへと通じています。

ここにはサン・ソヴール・バジリカ聖堂に付属する6つの礼拝堂があります。

①ノートルダム礼拝堂(Chapelle Notre-Dame)

「奇跡の礼拝堂」と呼ばれているノートルダム礼拝堂(聖母マリア礼拝堂)には、有名な「黒い聖母子像(黒いマリア像)が黄金装飾の祭壇の最上部に納められています。

ロカマドゥール、ノートルダム礼拝堂の黒い聖母子像(黒いマリア像)ロカマドゥール、ノートルダム礼拝堂の黒い聖母子像(黒いマリア像)

またノートルダム礼拝堂の右隣の地下には、聖アマドゥールを埋葬した地下礼拝堂(Crypte Saint-Amadour)があります。

ノートルダム礼拝堂
住所 Rue de la Mercerie, 46500 Rocamadour 地図
行き方 Rocamadourロカマドゥール駅からタクシーで約10分
時間 11月1日-3月30日 8:30-18:30
4月1日-6月30日/9月1日-9月30日 8:00-20:00
7月1日-8月31日 7:00-22:00
10月1日-10月31日 8:00-19:00
定休 なし
料金 無料
HP https://www.sanctuairerocamadour.com/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

②聖ミッシェル礼拝堂(Chapelle Saint-Michel)

ノートルダム礼拝堂の左隣には、聖ミッシェル礼拝堂があります。ここでは、12世紀のフレスコ画を見ることができます。

他に、聖アンヌ礼拝堂(Chapelles Sainte-Anne)、聖ブレーズ礼拝堂(Saint-Blaise)、聖ジャン・バティスト礼拝堂(Saint-Jean-Baptiste)、聖ルイ礼拝堂(Chapelle Saint-Louis)があります。

③十字架の道(Chemin de Croix)

ロカマドゥールのサンクチュアリを抜けると、「十字架の道」と呼ばれる道があり、その途中には、お城の入り口へと続く道があります。

ロカマドゥール、十字架の道ロカマドゥール、十字架の道

もともと上層部の城は、巡礼者を守るために作られたものですが、19世紀に改築されています。

城内には2ユーロで入れますが、建物内部の見学はできません。

城壁の上を歩くことができ、そこからサンクチュアリやシテなどの絶景が楽しめます。

十字架の道
住所 Pl. du Château, 46500 Rocamadour 地図

④ロカマドゥールのチーズ

ロカマドゥールのあるケルシー地方は、山羊の放牧が盛んで、その生乳から作られたチーズが、村の名前でもあるロカマドゥールです。

ロカマドゥールのチーズロカマドゥールのチーズ

円盤形のクリーミィなチーズで、山羊チーズ特有のクセがなく、ほんの少し甘味があります。

チーズ好きの方にとってもおすすめのお土産ですよ!

ロカマドゥールの行き方・アクセス・最寄り駅

パリから電車で行く場合

パリのオステルリッツ駅(Gare d’Austerlitz)からTGV(フランス高速鉄道)でBrive-la-Gaillardeブリーヴ・ラ・ゲラルドまで約4時間。

Brive-la-Gaillardeブリーヴ・ラ・ゲラルド駅からTER(フランス国鉄)でRocamadourロカマドゥールまで約40分。

ロカマドゥール駅からロカマドゥールのシテ(街)までタクシーで約10分。

パリから車で行く場合

高速道路A20で約6時間。

ロカマドゥールの治安

ロカマドゥールの治安は比較的良好ですが、フランス旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事です

特に観光地周辺は注意が必要です。

昼間は旅行者で賑わう場所なので、荷物に気をつけていれば特段問題なく観光できますよ。

スリ対策の基本

万が一に備えて準備しておきましょう。

たとえば

  • 海外旅行保険付帯のクレカを使う
  • 現金は100ユーロ以下で基本クレカ払い
  • 高くても治安重視でホテルをとる

などは必須レベルでおすすめしたいです。

海外旅行保険は必要

ことフランスに関しては、海外旅行保険は絶対に必要です。

毎月海外旅行へ行き、パリへ何度も渡航しているわたしですら、何度もスリに狙われました。未だに盗られていなのは運が良かっただけだと思っています。

ですので、どこの会社のどんなプランでも構いませんので、出国前にあらかじめ携行品補償が入っている保険に入っておきましょう。

わたしは、毎回入るのが手間なのと結構お金がかかってしまうという理由から、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持って備えています。

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

特に、年会費無料で海外旅行保険付帯のエポスカードは作らない理由がありません。

(エポスカードというと一般的には“マルイのカード”というイメージが強いですが、実は旅行好きのあいだでは有名なカード。未所持の方は迷わず作って損はないですし、年会費のかかるカードに苦手意識がある方の選択肢はエポスカード一択です。)

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

mari
mari
カード会社に10年以上勤務していたわたしが、フランス旅行にピッタリのおすすめクレジットカードとその理由を書きました
フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード
フランス・パリで使えるおすすめクレジットカード|元クレカ社員が選ぶ無料&ゴールドカード【2023年最新】クレジットカード会社に10年以上勤務したクレカと旅のプロの私が、フランス旅行にどの海外ブランドを持っていくべきか、フランス旅行におすすめのクレジットカード、クレジットカードが複数枚必要な理由を徹底解説しました。ぜひ参考にしてください!...
パリ治安情報2023年最新|フランス在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法パリに2年間在住していた筆者が現地でスリに遭わない方法、具体的な手口について詳しく解説していきます。スリだけでなく物乞いも日本とは違ってたくさんいます。楽しいパリ旅行のために事前にしっかりと手口を把握しておきましょう!...

ロカマドゥールをもっと楽しむ

ベストシーズンは夏

フランスのベストシーズンは1年中と言っても過言ではありません。

どの季節も素晴らしいのですが、やっぱり夏がおすすめです。

フランス・パリ旅行ベストシーズンは夏(6月~8月)おすすめ季節と旅費の安い時期・月別の気温せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね! 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...
フランス旅行の服装まとめ!在住者おすすめ季節・シーン別の最適なコーデとはフランス、パリ観光に最適な服装について在住者の目線から詳しくまとめました。パリはスリも多く治安が良いとは言えません。悪目立ちしないためにも現地のファッション傾向に合わせてシンプルな服装で観光することをおすすめします!...

ガイドブックは持っておいて損なし

ガイドブックはスマホやタブレットで読める電子書籍でも問題ありませんが、現地では情報の探しやすさ重視で、紙のガイドブックを1冊持っておくことをおすすめします。

フランス関連の書籍を20冊以上読んで厳選した中で、わたしたちがおすすめするガイドブックは地球の歩き方です。

ツアーガイドや旅慣れた人が購入するのはやはり地球の歩き方。

全579ページはもはやガイドブックというより教科書レベル。

内容もかなり充実しており、その国の文化、歴史、生活習慣なども理解できるため、旅の満足度が格段にあがります。

20年旅を続けて痛感していますが、まったく知識がない場所だと人はなかなか感動できないものです。背景を知って初めて心に響いたという経験が何度もあります。

フランス版はこちら

パリやニース以外の地方都市の情報も詳しく載っているので周遊するには欠かせない1冊

フランスのハイライトはもちろん、文化やアート情報、お土産屋グルメに関しても詳しく紹介されています。

現地で体調を崩した時や犯罪に巻き込まれた時の連絡先や緊急時の医療会話まで載せているのは本当に素晴らしいと思います。

地方にしか行かないという方は分冊版がおすすめです。通常版よりお値段が安くなるのが嬉しいですね♪

itemlink post_id=”17541″]

ロカマドゥールまとめ

ロカマドゥールは、パリもアクセスしづらい場所にあり、日本人旅行者を見かけることがほとんどありません。

しかし、フランス南西部の中でぜひ足を運びたい素晴らしい観光地です。

フランス好きのリピーターの方にはかなりおすすめなので、次の旅行先として加えていただけると嬉しいです!

ロカマドゥール
住所 46500 Rocamadour 地図
行き方 パリのオステルリッツ駅(Gare d’Austerlitz)からTGV(フランス高速鉄道)でBrive-la-Gaillardeブリーヴ・ラ・ゲラルドまで約4時間。Brive-la-Gaillardeブリーヴ・ラ・ゲラルド駅からTER(フランス国鉄)でRocamadourロカマドゥールまで約40分。ロカマドゥール駅からロカマドゥールのシテ(街)までタクシーで約10分。
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる