新型コロナウイルスによる入国制限措置について

2020/7/6現在、日本からフランスへの入国制限は解除されました。外務省の危険レベルは3で、渡航中止勧告がでています。

海外旅行の予定がある方、行こうかどうか悩んでいる方は必ず外務省のHPをみてから各自判断するようにしてください。

オクシタニー

世界遺産ロカマドゥールへ行ってきた!行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド

 

フランス南西部アルズー渓谷の絶壁にあるRocamadourロカマドゥールは、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路としてユネスコの世界遺産に登録されています。

このページでは、巡礼地として有名なロカマドゥールの見どころをご紹介していきます。

こんな方におすすめ!
  • フランスの文化・慣習に興味がある
  • 世界遺産に興味がある
このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる
東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


ロカマドゥールの見どころ・観光情報

ロカマドゥールロカマドゥール、城内の中庭

歴史

ロカマドゥールは、キリスト教の重要な巡礼地の1つ。

1166年にロカマドゥールで、聖アマドゥールの遺骸が腐敗せず完全に保存された状態で見つかりました。

遠くから見た、ロカマドゥール遠くから見た、ロカマドゥール

それ以来、歴代のフランス国王をはじめ、たくさんの巡礼者がこの地を訪れるようになります。

ロカマドゥールの地名は、「la roque de Saint Amadourラ・ロック・ド・サン・アマドゥール」=アマドゥールの岩に由来するもの。

ロカマドゥールのシテ(街)ロカマドゥールのシテ(街)

聖アマドゥールの遺骸を納めた地下礼拝堂とサン・ソヴール・バジリカ聖堂(Basilique Saint-Sauveur)は、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の一部としてユネスコの世界遺産に登録されました。

見どころ

ロカマドゥールのシテ(街)ロカマドゥールのシテ(街)

ロカマドゥールの村は、3つの階層から成りたちます。

上層部に城、中層部に礼拝堂などのサンクチュアリ(聖域)、下層部にシテ(街)と分かれています。

シテと呼ばれる門前町には、ホテルやレストラン、お土産ショップが立ち並び賑やかな雰囲気。

ロカマドゥールのサンクチュアリロカマドゥールのサンクチュアリ

「巡礼者の大階段(Grand escalier des pèlerins)」と呼ばれる216段の階段は、シテから上方のサンクチュアリへと通じています。

ここにはサン・ソヴール・バジリカ聖堂に付属する6つの礼拝堂があります。

ノートルダム礼拝堂(Chapelle Notre-Dame)

「奇跡の礼拝堂」と呼ばれているノートルダム礼拝堂(聖母マリア礼拝堂)には、有名な「黒い聖母子像(黒いマリア像)が黄金装飾の祭壇の最上部に納められています。

ロカマドゥール、ノートルダム礼拝堂の黒い聖母子像(黒いマリア像)ロカマドゥール、ノートルダム礼拝堂の黒い聖母子像(黒いマリア像)

またノートルダム礼拝堂の右隣の地下には、聖アマドゥールを埋葬した地下礼拝堂(Crypte Saint-Amadour)があります。

聖ミッシェル礼拝堂(Chapelle Saint-Michel)

ノートルダム礼拝堂の左隣には、聖ミッシェル礼拝堂があります。ここでは、12世紀のフレスコ画を見ることができます。

他に、聖アンヌ礼拝堂(Chapelles Sainte-Anne)、聖ブレーズ礼拝堂(Saint-Blaise)、聖ジャン・バティスト礼拝堂(Saint-Jean-Baptiste)、聖ルイ礼拝堂(Chapelle Saint-Louis)があります。

十字架の道(Chemin de Croix)

ロカマドゥールのサンクチュアリを抜けると、「十字架の道」と呼ばれる道があり、その途中には、お城の入り口へと続く道があります。

ロカマドゥール、十字架の道ロカマドゥール、十字架の道

もともと上層部の城は、巡礼者を守るために作られたものですが、19世紀に改築されています。

城内には2ユーロで入れますが、建物内部の見学はできません。

城壁の上を歩くことができ、そこからサンクチュアリやシテなどの絶景が楽しめます。

ロカマドゥールのチーズ

ロカマドゥールのあるケルシー地方は、山羊の放牧が盛んで、その生乳から作られたチーズが、村の名前でもあるロカマドゥールです。

ロカマドゥールのチーズロカマドゥールのチーズ

円盤形のクリーミィなチーズで、山羊チーズ特有のクセがなく、ほんの少し甘味があります。

チーズ好きの方にとってもおすすめのお土産ですよ!

ロカマドゥールの行き方・アクセス

パリから電車で行く場合

パリのオステルリッツ駅(Gare d’Austerlitz)からTGV(フランス高速鉄道)でBrive-la-Gaillardeブリーヴ・ラ・ゲラルドまで約4時間。

Brive-la-Gaillardeブリーヴ・ラ・ゲラルド駅からTER(フランス国鉄)でRocamadourロカマドゥールまで約40分。

ロカマドゥール駅からロカマドゥールのシテ(街)までタクシーで約10分。

パリから車で行く場合

高速道路A20で約6時間。

ロカマドゥールまとめ

ロカマドゥールは、パリもアクセスしづらい場所にあり、日本人旅行者を見かけることがほとんどありません。

しかし、フランス南西部の中でぜひ足を運びたい素晴らしい観光地です。

フランス好きのリピーターの方にはかなりおすすめなので、次の旅行先として加えていただけると嬉しいです!

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる