画家・アーティスト

フェルメールゆかりの地13選!オランダ・フランスを巡る旅

フェルメールゆかりの地を巡ってきました。フェルメールは寡作の画家で生涯50枚ほどしか制作していません。

そのうち鑑定が確実とは言えない2作品を含めて現存している作品はたった37点です。

大学時代、マウリッツハイスで《真珠の耳飾りの少女》みて以来すっかりファンになってしまいました。

あの頃はまさかフェルメールを追いかけて世界中旅することになるとは思いもしませんでしたが、これもまたおもしろい人生です。

この記事では11人の子供を残し43歳で亡くなったフェルメールの生涯とフランス、オランダで鑑賞できる作品をまとめました。

ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)とは?

ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)
出没年1632年10月31日-1675年12月15日 43歳で死去
様式・流派バロック絵画
出身オランダ(デルフト)
代表作《真珠の耳飾りの少女》マウリッツハイス美術館
《牛乳を注ぐ女》アムステルダム国立美術館
《デルフト眺望》マウリッツハイス美術館
《レースを編む女》ルーブル美術館
影響を受けた人物ヘーラルト・テル・ボルフ、ピータル・デ・ホーホ、カレル・ファブリティウス、レオナールト・ブラーメル
影響を与えた人物ハブリエル・メッツ

幼少期

17世紀に活躍したオランダの画家Johannes Vermeerヨハネス フェルメールは、1632年10月30日にデルフトで生まれたといわれています。

フェルメールの誕生日と死亡日は、はっきりとは分かっておらず、10月31日にフェルメールが教会で洗礼を受けていることから、誕生日は30日と推定されています。

織物職人であったフェルメールの父親は、宿屋と画商も営んでいました。

17世紀のオランダでは経済的な隆盛が見られ、黄金期を迎えていました。

芸術キャリア

こうした好条件下で芸術が発展し、父親の仕事にも触発されたフェルメールは、画家の道へと進むことになりました。

フェルメールの生涯についても実はあまり知られておらず、1647年にフェルメールは画家としての修行を始めましたが、誰のもとで修行したのかは分かっていません。

1652年に父親が死去し、フェルメールは父親の仕事を引き継ぎます。

1653年、カトリック教徒であったカタリーナ・ボルネスと結婚。これを機にプロテスタントであったフェルメールは、カトリックに改宗しています。

カタリーナとの間には、15人の子供(そのうち4人は洗礼を受ける前に亡くなっています)をもうけました。

同年、聖ルカ組合に親方画家として登録。

1654年弾薬庫の40トン以上の火薬が爆発。デルフト市街地の4分の1が破壊されるという大規模な災害に見舞われます。

1656年以降、フェルメールは風俗画の制作を始め人気を博し、「光の魔術師」と呼ばれるようになります。

1657年、デルフトの醸造業者ピーテル・ファン・ライフェンがフェルメールのパトロンとなり、フェルメールは生涯に渡って自身の作品を売却しています。

1662年、聖ルカ組合の理事に史上最年少で任命。1670年にも2度目の聖ルカ組合の理事に選ばれました。

1665年第二次英蘭戦争、続いて第三次英蘭戦争が勃発し、オランダは制海権を失います。

経済は悪化し、絵も売れず借金が膨らんでいきました。

1675年、フェルメールは43歳でこの世を去ります。フェルメールの死後、妻は自己破産を申請したといわれています。

ヨハネス・フェルメールゆかりの地巡りのベストシーズン

ベストシーズンは春から夏

フランス、オランダのベストシーズンは春から夏にかけて。

夏はカラッとしていて過ごしやすく、旅行には最適。遅くまで明るいので、観光にたっぷり時間をかけられます。

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説
フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね! 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...

美術館だけがお目当てであれば、あえてオフシーズンでリーズナブルな冬の期間も良いと思います。

ヨハネス・フェルメールゆかりの地14選

ルーブル美術館(Musée du Louvre)

閉館直前ライトアップされた夜のルーブル美術館閉館直前ライトアップされた夜のルーブル美術館

パリ屈指の観光スポットであるルーブル美術館は、所蔵品の質の高さと規模において世界最大級を誇る国立美術館です。

莫大な美術品の収集家として知られる国王フランソワ1世の改築計画以来、ルーブル宮殿は歴代フランス王の王宮として使われていました。

フェルメールの作品が展示されているのはフランス国内ではルーブル美術館だけ。《レースを編む女》と《天文学者》の2枚です。

mari
mari
日本では大行列ができるフェルメールの作品も、ルーブルでは独り占めできます♡

展示場所:リシュリュー翼、3階

《レースを編む女 La Dentellière》は、縦24.5㎝×横20㎝というとても小さな絵画です。

あの天才ルノワールに世界で最も美しい絵画と言わしめた名画で、フェルメールの晩年38歳の時の作品です。

ルーブル美術館
住所Rue de Rivoli, 75001 Paris 地図
最寄りメトロ1号線,7号線Palais-Royal-Musée du Louvreパレ・ロワイヤル ミュゼ・デュ・ルーヴル
時間9:00-18:00(月・木・土・日)
9:00-21:45(水・金)
※閉館時間の45分前まで入場可能
定休火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
料金15ユーロ(待ち時間短縮可能なオンラインチケットは17ユーロ)
18歳以下無料
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.louvre.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

マウリッツハイス美術館(Mauritshuis)

オランダでフェルメールの作品が展示されている美術館はデンハーグのマウリッツハイス美術館とアムステルダムの国立美術館のみ。

まずは死ぬまでに必ず観たい《真珠の耳飾りの少女》が展示されているマウリッツハイスからご紹介しましょう。

フェルメールの作品は《デルフトの眺望》《ディアナとニンフたち》、その他レンブラント《テュルプ博士の解剖学講義》、《自画像》、ポッテル《雄牛》などが鑑賞できます。

マウリッツハウス美術館
住所Plein 29, 2511 CS Den Haag 地図
行き方中央駅から徒歩約10分
時間13:00-18:00(月)
10:00-18:00(火~日)
定休1月1日、12月25日
料金大人17.5ユーロ、18歳以下無料
HPhttps://www.mauritshuis.nl/jp/

アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)

アムステルダム・アムステルダム国立博物館

1885年に開館したアムステルダム国立美術館はオランダ芸術と歴史の宝庫。

フェルメールの《牛乳を注ぐ女》やレンブラントの《夜警》、《自画像》など死ぬまでに一度は観たい名画がずらり。

オランダを代表する画家、ヴァン・ダイクやゴッホの作品も展示されていますし日本なら数日間列ができるような作品がたくさん展示されています。

フェルメールの作品は《牛乳を注ぐ女》の他、《小路》《青衣の女》《恋文》の計4点。

8,000点もの作品は1日では見切れないほど圧巻のボリュームなので、時間がない人は2階にある名誉の間だけでも足を運んでみてください。

モバイルツアーは日本語にも対応しているので安心です。

アムステルダム国立美術館
住所Museumplein/Museumstraat 1 1071 CJ Amsterdam 地図
行き方中央駅から徒歩30分
トラムの場合は2番もしくは5番の乗りRijksmuseumで下車
時間9:00-17:00
定休なし
料金大人20ユーロ、18歳以下無料
HPhttps://www.rijksmuseum.nl/nl

デルフト(Delft)

フェルメールは生涯、ほとんどの時間をデルフトで過ごしました。

フェルメール生家「空飛ぶキツネ」

生家とされている「空飛ぶキツネ亭」は現在1階がレストランで2階が宿泊施設になっています。

今回は時間が足りず宿泊できませんでしたがいつか再訪したい宿です。

フェルメール生家「空飛ぶキツネ」
住所Voldersgracht 25, 2611 EV Delft地図
行き方マルクト広場から徒歩約3分
時間15:00-23:00(水~日曜日)※レストラン
定休月曜日・火曜日 ※レストラン
料金入場無料※2ユーロ程度の寄付推奨
HPhttps://vliegendevos.nl/

 

市庁舎(Stadhuis Delft)

マルクト広場に面するデルフト市庁舎。17世紀初頭に火事で焼失したため、ヘンドリックケイゼルによって再建されました。

フェルメールはここで結婚宣言をしています。

mari
mari
結婚相手のカタリーナは上流家庭のカトリック教徒。

フェルメールはプロテスタントでしたが、結婚のためプロテスタントからカトリックへ改宗しています。この時代にすごいなぁと感心してしまいます。

子供も15人いたというし、夫婦仲はかなり良かったのかな。などと妄想を楽しみながら歩きました。

新教会(Nieuwe Kerk)

ゴシック式のプロテスタント教会。現在も王室関係者の葬儀はここで行われます。フェルメールはこの教会で洗礼を受けました。

代々のオラニエ家の墓もあり、オラニエ公ウィレムや「国際法の父」と称されるグロティウスのお墓もここです。

新教会ではカリヨンの演奏を楽しみにしている人も多く、土曜のランチタイムなどがぴったりかもしれません。

デルフト新教会
住所Sint Agathaplein 1, 2611 HR Delft 地図
行き方マルクト広場から徒歩約1分
時間10:00-17:00(11月~2月の月曜日から金曜日は16:00まで)
定休日曜日
料金新教会塔大人5.5ユーロ、12~25歳4.5ユーロ、6~11歳3.5ユーロ
旧教会大人6.5ユーロ、12~25歳5ユーロ、6~11歳2.5ユーロ
※セット割あり
HPhttps://oudeennieuwekerkdelft.nl/

メッヘレン亭跡

現在はフェルメールのお土産屋さんになっており壁面にプレートが埋め込まれています。生家と書いてありますがそれは間違い。

正しくはフェルメールの父親が営んでいたメッヘレン亭という宿屋の跡地。フェルメールが9歳の時に引っ越ししています。

mari
mari
こんな勘違いさせるようなプレート取っちゃえばいいのに!
メッヘレン亭跡
住所Markt 52, 2611 GW Delft 地図
行き方マルクト広場から徒歩約2分
時間11:00-18:00
定休なし
HPhttps://houseofvermeer.com/en/

 

マリア・ファン・イェッセ教会(Maria van Jessekerk)

現在教会になっているこの場所こそ、フェルメールの自宅兼アトリエだった場所。

アトリエが残っていないのは残念ですが、教会は立派で見ごたえがあります。

マリア・ファン・イェッセ教会
住所Burgwal 20, 2611 GJ Delft 地図
行き方マルクト広場から徒歩約2分
時間13:30-16:15
定休月・火・水・日曜日

市庁舎(Stadhuis Delft)

マルクト広場に面するデルフト市庁舎。17世紀初頭に火事で焼失したため、ヘンドリックケイゼルによって再建されました。

フェルメールはここで結婚宣言をしています。

mari
mari
結婚相手のカタリーナは上流家庭のカトリック教徒。

フェルメールはプロテスタントでしたが、結婚のためプロテスタントからカトリックへ改宗しています。この時代にすごいなぁと感心してしまいます。

子供も15人いたというし、夫婦仲はかなり良かったのかな。などと妄想を楽しみながら歩きました。

市庁舎
住所Markt 87, 2611 GS Delft 地図
行き方マルクト広場から徒歩約1分
時間8:30-17:00(月~木曜日)
8:30-20:00(金曜日)
定休土曜日・日曜日
料金※内部閲覧はガイドツアーのみ。料金やや高め
HPhttps://www.delft.nl/

フェルメールセンター(Het Vermeercentrum)

フェルメールセンターはフェルメールファンなら必ず立ち寄りたい場所です。

ここはもともとフェルメールがギルド長を務めた画家ギルド「聖ルーカス・ギルド」の跡地。

地下1階にはフェルメールの全作品のレプリカが展示されています。

オランダに来る前に子供と一緒に何度も画集を観たので5歳児も楽しそうに同行してくれました。

2階の資料館では絵の具ができるまでの流れも学べます。ラピスラズリを使ったフェルメールブルー。

青は当時とても貴重で高価なものでしたが、フェルメールの作品には何とも登場していますよね。

日曜日10:30~無料英語ツアーも行われています。帰りにショップによるのも忘れずに!

フェルメールセンター
住所Voldersgracht 21, 2611 EV Delft 地図
行き方マルクト広場から徒歩約2分
時間10:00-17:00 12月24日、26日、31日、1月1日は短縮営業
定休12月25日
料金大人10ユーロ、12~17歳6ユーロ
HPhttps://www.vermeerdelft.nl/nl/

フェルメール父生家跡

フェルメールの書籍にこちらの住所が書かれていたので行ってみました。現在はレストランSpijshuis De Disとなっています。

フェルメール父生家
住所Beestenmarkt 36, 2611 GC Delft 地図
行き方マルクト広場から徒歩約5分
時間17:00-22:00(火~土曜日)
定休日曜日・月曜日
HPhttps://www.spijshuisdedis.com/?lang=ja

小路が描かれた場所(Het Straatje)

フェルメール《小路》国立美術館フェルメール《小路》国立美術館

人物がで有名なフェルメール。現存する作品の中で風景画はたった2作品しかありません。

そのモチーフとなった場所がデルフトにあります。1つ目がアムステルダムの国立美術館に所蔵されている《小路》。

《小路》の候補地には長年諸説ありましたが、最新ではVlamingstraat(フラミング通り) 40-42番ということになっています。

アムステルダム大学の教授が描かれた外壁のレンガの数から間口の寸法を算出し、この場所しかないと突き止めたというので驚きです。

もうひとつの候補はメッヘレン亭跡地のすぐ後ろ。古い学説ですがこちらを支持している人もいますし、そもそも特定の場所ではないという人もいます。

もちろんわたしにはわかりませんが、小路だと思われる場所へ足を運んだことで、一生忘れることのない1枚となりました。

小路が描かれた場所
住所Vlamingstraat 40-42, 2611 KX Delft 地図
行き方マルクト広場から徒歩約3分

デルフトの眺望が描かれた場所

フェルメール《デルフトの眺望》マウリッツハイスフェルメール《デルフトの眺望》マウリッツハイス

《デルフトの眺望》は1660~61年ごろ、20代後半の作品。フランスの小説家マルセル・プルーストに「世界で最も美しい絵」といわしめました。

ウルトラマリンブルー(フェルメールブルー)の絵の具が使用され透明感のある美しい空が表現されています。

実際にザイドコルク運河から眺めてみると、同じ景色は見えません。フェルメールが絵の調和をはかるため、理想的な街並みに仕上げたからです。

しかし右手には新教会、左手には旧教会があり、たった今そこにいたかと思うと感慨深いものがあります。

デルフトの眺望が描かれた場所
住所Hooikade 30, 2627 AB Delft 地図
行き方デルフト駅から徒歩約6分

旧教会(Oude Kerk)

傾いた塔が目印の旧教会。目の錯覚ではなく地盤沈下で実際に傾いているためオランダ版ピサの斜塔と呼ぶ人もいます。

13世紀から2世紀以上にもわたって建設された歴史的な建物。

フェルメール(北側通路の端)や顕微鏡の発明者アントニー・ファン・レーウェンフックをはじめ400人もの人物が旧教会に埋葬されています。

美しいステンドグラスは27枚。光が差し込めばさらに神秘的な雰囲気になります。

旧教会
住所HH Geestkerkhof 25, 2611 HP Delft 地図
行き方マルクト広場から徒歩約4分
時間10:00-17:00(11~1月の平日は11:00~)
定休日曜日
料金新教会塔大人5.5ユーロ、12~25歳4.5ユーロ、6~11歳3.5ユーロ
旧教会大人6.5ユーロ、12~25歳5ユーロ、6~11歳2.5ユーロ
※セット割あり
HPhttps://oudeennieuwekerkdelft.nl/

ヨハネス・フェルメールまとめ

フェルメールの人生、そしてゆかりの地を巡ってきました。

2023年にはオランダのアムステルダム国立美術館で「史上最大規模」のフェルメール展が開催されます。

ぜひとも足を運んでみたいと計画しているところなので、タイミングが合えばわたしと一緒にゆかりの地を旅するツアーも企画したいですね!

ご希望の方いらっしゃいましたら、ぜひ問い合わせからご連絡ください。

\お知らせとお願い/

もし記事が役に立った・活動を応援してもいいよ
という方がいらっしゃればサポートいただけると本当に嬉しいです。

みなさんのサポートにより
活動が継続できます。

>> Amazon欲しいものリストでサポートする
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる