MENU

ヌーヴェル=アキテーヌ

サルラ・ラ・カネダ人気観光地と見どころを地図付きでご案内|治安・行き方・おすすめ土産

この記事を書いた人
マリ@旅ブロガー オハヨーツーリズム
当ブログ、フランスボックスはパリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんのふたりで運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信してるのでフォローやコメントよろしくお願いします!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。

フランス西南部に位置するペリゴール地方。

ペリゴールは、旧ギュイエンヌ州の地方名で、現在のアキテーヌ地方ドルドーニュ県地域にあたります。

ペリゴールは、

  1. ペリゴール・ノワール
  2. ペリゴール・ブラン
  3. ペリゴール・ヴェール
  4. ペリゴール・プルプル

の4つの地域に分かれており、今回は、ペリゴール南東に位置するペリゴール・ノワールの中心地である「Sarlat-la-Canédaサルラ・ラ・カネダ」の街をご紹介していきます。

お得情報

当サイト限定クーポン

フランスのツアーやチケットは
現在どこも価格が高騰中
クーポンで少しでもお得に購入しよう!

フランス割引クーポン

現地ツアーはもちろん
入場チケット・バス送迎にも使えるよ

随時最新情報を更新

パリ観光をお得にする
割引クーポン一覧

サルラ・ラ・カネダの観光情報

サルラ・ラ・カネダサルラ・ラ・カネダ

中世から17世紀にかけての建物が残るサルラ・ラ・カネダ。

1965年にサルラとラ・カネダのコミューンが合併してできた街です。

サルラは、13〜14世紀に商業の中心地として栄えた街でしたが、1337年に始まったイギリスとの百年戦争により、美しい中世の街並が破壊されてしまいました。

1962年に文化大臣であったアンドレ・マルローによって、国内の景観保護地域の復興のため「マルロー法」が定められ、

サルラの街はフランス国内で初めて景観保護地域の指定を受け、かつての美しい街並に復元されました。

おすすめ観光の周り方

サルラ・ラ・カネダの見どころは、なんといっても中世の美しい街並みです。

ここに行かなければ!というスポットは他の観光地に比べると多くありませんが、景色を楽しみながらのんびり散策するのがおすすめです。

所要時間

村を歩いてまわるだけなら、1時間あれば十分ですが、ランチをはさんで3~4時間ゆっくり滞在するのも楽しいです。

近隣の観光スポット

サルラ・ラ・カネダから車で約1時間で行ける観光地も沢山あります!

鉄道やバス、レンタカーを使って周るのは大変おすすめです。

  • ロカマドゥール
  • ペリグー

サルラ・ラ・カネダの行き方・アクセス・最寄り駅

パリから車で行く場合

高速道路A20で約6時間。

パリから電車で行く場合

パリのモンパルナス駅(Gare Montparnasse)からTGV(フランス高速鉄道)でボルドー・サン・ジャン駅(Bordeaux Saint-Jean )まで直通で約2時間。

ボルドー・サン・ジャン駅からサルラ駅(Sarlat)まで約3時間25分。

サルラ・ラ・カネダの観光名所と見どころ

サルラ・ラ・カネダ

リベルテ広場(Place de la Liberté)

街の中心にある大きなリベルテ広場。ここでは、毎週土曜日の朝にマルシェ(朝市)が開かれます。

この地方名産のフォアグラをはじめ、トリュフやくるみ、ワインなどが所狭しと並びます。もちろん新鮮な野菜やフルーツ、豊富な種類のオリーブやサラミ、チーズなど、活気にあふれたマルシェには、地元の人や旅行者で賑わいます。

ちょっと歩き疲れたら、広場に張り出したカフェやレストランでくつろぐこともできますよ。

リベルテ広場
住所 Place de la Liberté, 24200 Sarlat-la-Canéda  地図

サン・サセルド大聖堂(Cathédrale St-Sacerdos)

16〜17世紀に建てられたサン・サセルド大聖堂。

サン・サセルド大聖堂サン・サセルド大聖堂

外観も聖堂内も実にシンプルで、それ故に色鮮やかなステンドグラスの美しさが一際引き立てられています。

サン・サセルド大聖堂内部サン・サセルド大聖堂内部

大聖堂の裏手には、共同墓地があり、そこには円錐形の屋根が特徴の「死者の灯明塔(Lanterne des morts)」を見ることができます。

死者の灯明塔死者の灯明塔
サン・サセルド大聖堂
住所 Pl. du Peyrou, 24200 Sarlat-la-Canéda 地図
行き方 リベルテ広場から徒歩約2分

ラ・ボエシの家(Maison de la Boetie)

サン・サセルド大聖堂の向かいには、「ラ・ボエシの家」と呼ばれるエティエンヌ・ド・ラ・ボエシ(Etienne de la Boétie)の生家が堂々とした佇まいで建っています。

ラ・ボエシの家ラ・ボエシの家

ラ・ボエシは、フランスを代表する哲学者モンテーニュと親交があり、現代の政治哲学の創始者といわれる人物です。

ラ・ボエシの家
住所 Pl. du Peyrou, 24200 Sarlat-la-Canéda 地図
行き方 リベルテ広場から徒歩約2分

ガチョウの広場(Statues des Trois Oies)

サルラ・ラ・カネダのシンボルは、フォアグラが有名なこともあり「ガチョウ」。

街の至るところで、ガチョウのマークを目にします。

中でもガチョウ広場とよばれる広場には、3匹のガチョウの像が置かれており、記念撮影をする旅行者が後を絶ちません。

ガチョウ広場のガチョウガチョウ広場のガチョウ
ガチョウの広場
住所 2 Pl. du Marché aux Oies, 24200 Sarlat-la-Canéda 地図
行き方 リベルテ広場から徒歩約1分

サルラ・ラ・カネダで絶対食べたいおすすめグルメ

サルラ・ラ・カネダは、グルメの街です。

フォアグラやトリュフをはじめ、くるみや赤ワインなどの産地とあって、美食を堪能することができます。

ドリュフ入りオムレツや鴨のマグレなど、ペリゴール名産の赤ワイン「ベルジュラック」とともに時間をたっぷりかけて郷土料理に舌鼓してみてはいかがでしょうか?

サルラ・ラ・カネダの治安

スリ対策の基本

サルラ・ラ・カネダの治安は比較的良好ですが、フランス旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事です

特に観光地周辺は注意が必要です。

万が一に備えて準備しておきましょう。

たとえば

  • 海外旅行保険付帯のクレカを使う
  • 現金は100ユーロ以下で基本クレカ払い
  • 高くても治安重視でホテルをとる

などは必須レベルでおすすめしたいです。

海外旅行保険は必要

ことフランスに関しては、海外旅行保険は絶対に必要です。

毎月海外旅行へ行き、パリへ何度も渡航しているわたしですら、何度もスリに狙われました。未だに盗られていなのは運が良かっただけだと思っています。

ですので、どこの会社のどんなプランでも構いませんので、出国前にあらかじめ携行品補償が入っている保険に入っておきましょう。

わたしは、毎回入るのが手間なのと結構お金がかかってしまうという理由から、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持って備えています。

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

特に、年会費無料で海外旅行保険付帯のエポスカードは作らない理由がありません。

(エポスカードというと一般的には“マルイのカード”というイメージが強いですが、実は旅行好きのあいだでは有名なカード。未所持の方は迷わず作って損はないですし、年会費のかかるカードに苦手意識がある方の選択肢はエポスカード一択です。)

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

mari
mari
カード会社に10年以上勤務していたわたしが、フランス旅行にピッタリのおすすめクレジットカードとその理由を書きました
フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード
フランス・パリで使えるおすすめクレジットカード|元クレカ社員が選ぶ無料&ゴールドカード【2024年最新】クレジットカード会社に10年以上勤務したクレカと旅のプロの私が、フランス旅行にどの海外ブランドを持っていくべきか、フランス旅行におすすめのクレジットカード、クレジットカードが複数枚必要な理由を徹底解説しました。ぜひ参考にしてください!...
パリ治安情報2024年最新|フランス在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法パリに2年間在住していた筆者が現地でスリに遭わない方法、具体的な手口について詳しく解説していきます。スリだけでなく物乞いも日本とは違ってたくさんいます。楽しいパリ旅行のために事前にしっかりと手口を把握しておきましょう!...

サルラ・ラ・カネダもっと楽しむ

ガイドブックは持っておいて損なし

ガイドブックはスマホやタブレットで読める電子書籍でも問題ありませんが、現地では情報の探しやすさ重視で、紙のガイドブックを1冊持っておくことをおすすめします。

フランス関連の書籍を20冊以上読んで厳選した中で、わたしたちがおすすめするガイドブックは地球の歩き方です。

ツアーガイドや旅慣れた人が購入するのはやはり地球の歩き方。

全579ページはもはやガイドブックというより教科書レベル。

内容もかなり充実しており、その国の文化、歴史、生活習慣なども理解できるため、旅の満足度が格段にあがります。

20年旅を続けて痛感していますが、まったく知識がない場所だと人はなかなか感動できないものです。背景を知って初めて心に響いたという経験が何度もあります。

フランス版はこちら

パリやニース以外の地方都市の情報も詳しく載っているので周遊するには欠かせない1冊

フランスのハイライトはもちろん、文化やアート情報、お土産屋グルメに関しても詳しく紹介されています。

現地で体調を崩した時や犯罪に巻き込まれた時の連絡先や緊急時の医療会話まで載せているのは本当に素晴らしいと思います。

地方にしか行かないという方は分冊版がおすすめです。通常版よりお値段が安くなるのが嬉しいですね♪

まとめ

サルラ・ラ・カネダは、日本ではまだあまり知られていない街ですが、ヨーロッパでは人気の高い街の1つです。

また余談ですが、フランス国内で映画のロケ地として第3位を誇る街でもあるのです。

中世の時代にタイムスリップしたかのような美しい街ですので、ぜひ足を伸ばしてみてください!

サルラ・ラ・カネダ
住所 24200 Sarlat-la-Canéda 地図
行き方 パリのモンパルナス駅からTGV(フランス高速鉄道)でボルドー・サン・ジャン駅(Bordeaux Saint-Jean )まで直通で約2時間。
ボルドー・サン・ジャン駅からサルラ駅(Sarlat)まで約3時間25分。
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる