ヌーヴェル・アキテーヌ

フランス「サルラ・ラ・カネダ」の行き方・見どころ徹底ガイド

 

フランス西南部に位置するペリゴール地方。ペリゴールは、旧ギュイエンヌ州の地方名で、現在のアキテーヌ地方ドルドーニュ県地域にあたります。

ペリゴールは、ペリゴール・ノワール、ペリゴール・ブラン、ペリゴール・ヴェール、ペリゴール・プルプルの4つの地域に分かれており、今回は、ペリゴール南東に位置するペリゴール・ノワールの中心地である「サルラ・ラ・カネダ(Sarlat-la-Canéda)」の街をご紹介していきます。

サルラ・ラ・カネダの基本情報

サルラ・ラ・カネダサルラ・ラ・カネダ

中世から17世紀にかけての建物が残るサルラ・ラ・カネダ。

1965年にサルラとラ・カネダのコミューンが合併してできた街です。

サルラは、13〜14世紀に商業の中心地として栄えた街でしたが、1337年に始まったイギリスとの百年戦争により、美しい中世の街並が破壊されてしまいました。

1962年に文化大臣であったアンドレ・マルローによって、国内の景観保護地域の復興のため「マルロー法」が定められ、サルラの街はフランス国内で初めて景観保護地域の指定を受け、かつての美しい街並に復元されました。

サルラ・ラ・カネダの行き方・アクセス

パリから車で行く場合

高速道路A20で約6時間。

パリから電車で行く場合

パリのモンパルナス駅(Gare Montparnasse)からTGV(フランス高速鉄道)でボルドー・サン・ジャン駅(Bordeaux Saint-Jean )まで直通で約2時間。

ボルドー・サン・ジャン駅からサルラ駅(Sarlat)まで約3時間25分。

サルラ・ラ・カネダの見どころ

サルラ・ラ・カネダ

リベルテ広場(Place de la Liberté)

街の中心にある大きなリベルテ広場。ここでは、毎週土曜日の朝にマルシェ(朝市)が開かれます。

この地方名産のフォアグラをはじめ、トリュフやくるみ、ワインなどが所狭しと並びます。もちろん新鮮な野菜やフルーツ、豊富な種類のオリーブやサラミ、チーズなど、活気にあふれたマルシェには、地元の人や観光客で賑わいます。

ちょっと歩き疲れたら、広場に張り出したカフェやレストランでくつろぐこともできますよ。

サン・サセルド大聖堂(Cathédrale St-Sacerdos)

16〜17世紀に建てられたサン・サセルド大聖堂。

サン・サセルド大聖堂サン・サセルド大聖堂

外観も聖堂内も実にシンプルで、それ故に色鮮やかなステンドグラスの美しさが一際引き立てられています。

サン・サセルド大聖堂内部サン・サセルド大聖堂内部

大聖堂の裏手には、共同墓地があり、そこには円錐形の屋根が特徴の「死者の灯明塔(Lanterne des morts)」を見ることができます。

死者の灯明塔死者の灯明塔

ラ・ボエシの家(Maison de la Boetie)

サン・サセルド大聖堂の向かいには、「ラ・ボエシの家」と呼ばれるエティエンヌ・ド・ラ・ボエシ(Etienne de la Boétie)の生家が堂々とした佇まいで建っています。

ラ・ボエシの家ラ・ボエシの家

ラ・ボエシは、フランスを代表する哲学者モンテーニュと親交があり、現代の政治哲学の創始者といわれる人物です。

ガチョウの広場

サルラ・ラ・カネダのシンボルは、フォアグラが有名なこともあり「ガチョウ」。

街の至るところで、ガチョウのマークを目にします。

中でもガチョウ広場とよばれる広場には、3匹のガチョウの像が置かれており、記念撮影をする観光客が後を絶ちません。

ガチョウ広場のガチョウガチョウ広場のガチョウ

サルラ・ラ・カネダの郷土料理

サルラ・ラ・カネダは、グルメの街です。

フォアグラやトリュフをはじめ、くるみや赤ワインなどの産地とあって、美食を堪能することができます。

ドリュフ入りオムレツや鴨のマグレなど、ペリゴール名産の赤ワイン「ベルジュラック」とともに時間をたっぷりかけて郷土料理に舌鼓してみてはいかがでしょうか?

まとめ

サルラ・ラ・カネダは、日本ではまだあまり知られていない街ですが、ヨーロッパでは人気の高い街の1つです。また余談ですが、フランス国内で映画のロケ地として第3位を誇る街でもあるのです。

中世の時代にタイムスリップしたかのような美しい街ですので、ぜひ足を伸ばしてみてください!

パリを観光するならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
パリの人気観光スポットが
最大46%オフになるって知ってる?

美術館の優先入場や
セーヌ川クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる