ニース

南フランスでカジノが楽しめる人気都市とカジノ併設おすすめ高級ホテル

この記事を書いた人
マリ@旅ブロガー オハヨーツーリズム
当ブログ「フランスボックス」はフランスが大好きな旅ブロガーのマリと、パリに2年間芸術留学していたおにちゃんのふたりで運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信しています。記事が役に立ったらSNSや友人にシェアしてくださると嬉しいです!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。
mari
mari
ボンジュー!フランスボックスのマリ(@mari_ohayotourism)です。

美しい景色と美味しい料理が魅力の南フランスは、フランス国内でも大人気の旅行先です。

中でもニース、カンヌ、モンテカルロはカジノが楽しめるエリアとしても有名。

カジノが併設されている高級ホテルもあり、バカンスシーズンはカジノを楽しむ人々で賑わいます。

世界有数のカジノエリア モナコ世界有数のカジノエリア モナコ

かくいうわたしもモナコのカジノへ行って遊んできたのですが、慣れないカジノに緊張して楽しみきれなかったので、次回はぜひ慣れた友達と一緒に再訪したいと思います。

当ブログ「フランスボックス」では、ニース、カンヌ、モンテカルロそれぞれのカジノについての情報と、カジノ併設のおすすめホテルをご紹介します。

これだけは読んで

パリのホテルは日本と大違い

日本とは常識が全く違うので
知らずに泊まると驚くことがたくさん!

また治安の悪いパリでは
安さでホテルを選ぶ行為はNG

安全にパリを楽しむための
ホテル選びのコツを
ひとつの記事にまとめました

予約前に知らなきゃ損

安全でコスパの良い
パリのホテルの選び方

南フランスでカジノが楽しめる人気都市とカジノ併設おすすめ高級ホテル

わたし自身、モナコ、ニース、ラスベガス、韓国、シンガポールのカジノへいった経験がありますが、フランスのカジノは、ラスベガスなどと比べるとかなりカジュアルで、スロットなどのマシンが中心で若者でも気軽に遊べる印象でした。

高級カジノへ行ってみたいならもちろんモナコがおすすめです。

Casino Café de ParisCasino Café de Paris

わたしがモナコのカジノへ行ったのは実は学生時代の卒業旅行。

実際遊ぶというより社会見学のような感じで、1回100万円以上賭けているセレブたちを目の前に恐れおののきました(笑)

実はフランスは世界一ギャンブルの課税率が高く85%も課税され、道路を隔てたモナコは税金がない国なので0%。だからお金持ちはモナコでカジノを楽しむのでしょうか。

フランスで人気の競馬の場合、課税率は37.7%ですから、それと比べてもかなり高額ですね。

ちなみに50万円以上の利益が出てしまった場合は日本での確定申告が必要。一般人が遊ぶなら、50万円を目標にするのがおすすめです。

ニース

ニースの港ニースの港

まずは南仏の中心であるニース。観光の拠点として日本人からも大人気で、南仏といえばはずせない都市です。

ビーチや美術館、ショッピングなど、楽しみはいろいろありますが、日本と違ってカジノでも遊べます。

プロムナード・デ・ザングレ(Promenade Des Anglais)プロムナード・デ・ザングレ(Promenade Des Anglais)

ニースには、下記の2つのカジノがあります。

いずれもプロムナード・デ・ザングレ沿いにある人気ホテルに併設されており、わたしもよく利用するエリア。

ニースのカジノ
  1. Casino Nice Palais De La Méditerranée
  2. Casino Barrière Le Ruhl Nice

ハイアットリージェンシーニース パレドゥラメディテラネ


フレンチリビエラの歴史豊かなラグジュアリーホテルと言えば、ハイアットリージェンシーニース。

ニースで一番の高級ホテルと言ってよいでしょう。

Casino Nice Palais De La Méditerranéeにはスロットマシン170台と7つのテーブルゲームが用意されています。

営業時間は10:00~3:00、金曜、土曜日は4:00までとかなり長い時間遊ぶことができます。

Hyatt Regency Nice Palais de la MéditerranéeHyatt Regency Nice Palais de la Méditerranée

わたしも何度か予約しようと思いながら、夏のハイシーズンは金額も跳ね上がるのでなかなか勇気が出ず、お隣のハイアットリージェンシーニースが常宿となっています。

ニースNo1ホテル

ハイアットリージェンシーニース
料金とレビューをみてみる

ル・メリディアン・ニース

ルメリディアンニース 外観ルメリディアンニース 外観

カジノ・ル・リュールはバリエールグループが運営しているカジノ。

ルメリディアンニース デラックスシティルメリディアンニース デラックスシティ

わたしがニースにいたらいつも宿泊しているル・メリディアン・ニースの1階にあります。

レストランの眺めレストランからの眺め
筆者の常宿

ル・メリディアン・ニース
料金とレビューをみてみる

カンヌ

毎年5月に開催されるカンヌ国際映画祭で有名なカンヌも、南仏高級リゾートのひとつ。

カンヌには、3つのカジノがあります。

カンヌのカジノ
  1. Casino Barrière Le Croisette
  2. Casino Les Princes
  3. Casino de la Pointe Croisette

JW マリオット カンヌ

Casino Les Princesは高級ホテル「JW マリオット」に併設されており、ラグジュアリーな雰囲気の中でカジノを楽しむことができます。

プライベート ビーチ、カジノ、ショッピング モールが備わり、客室デザインも映画祭を意識したモダンでおしゃれなものになっています。

ブラックジャック、ルーレット、ポーカー、バカラなどのテーブルゲームや、スロットマシン、ビデオポーカーなどのゲームが楽しめます。

映画ファンにもおすすめ

JW マリオット カンヌ
料金とレビューをみてみる

モナコ(モンテカルロ)

モナコの街並みモナコの街並み

モナコは世界で最もお金持ちな国、そしてカジノエリアとしても有名ですね。

カジノは全部で3つあり、すべてがモンテカルロに位置しています。

モンテカルロのカジノ
  1. Casino Café de Paris
  2. Casino de Monte-Carlo(モナコ最古のカジノ)
  3. Bay Casino(モンテカルロベイホテル&リゾート)

フェアモント モンテカルロに入っているサンカジノは残念ながらコロナ禍で閉業してしまい、カジノ併設のホテルはベイカジノのあるモンテカルロベイホテル&リゾートのみとなってしまいました。

モンテカルロベイホテル&リゾート

ラルヴォット半島のオーシャンフロントに位置し、フランスとの国境からわずか120mです。

レストラン4軒、カジノ、900㎡のスパ、ホットタブと滝があるラグーンを併設しています。

ホテルには専用ヘリポートがあり、ニース空港まで車で30分、ヘリコプターで7分、モナコ・モンテ・カルロ駅まで車で8分。ボート用の桟橋も併設しています。

Bay Casinoにはスロットが145台あり、年中無休で営業しています。

眺めが抜群!

モンテカルロベイホテル&リゾート
料金とレビューをみてみる

南フランスでカジノが楽しめる場所まとめ

南フランスはフランス人やヨーロッパのセレブにとっても人気のバカンス地。

ハイシーズンはどのホテルもかなり高額に跳ね上がります。

しかし、実際に夏休みを過ごしてみると、海沿いの街は大変気持ちがよく、忘れられない体験となりました。

コストパフォーマンスを考えると、良いホテルを見つけるのは大変ですが、南フランスが好まれる理由は納得でした。

ぜひ一度、夏のハイシーズンに南フランスへ滞在されることをおすすめします!

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる

関連記事
no image ニース

ニース マティス美術館を地図付きでご案内|チケット予約・入場料金・見どころ観光ガイド【行き方・アクセス】

2024年4月10日
フランスボックス|フランス旅行情報
ピカソとともに20世紀を代表する近代絵画の巨匠といわれるアンリ・マティス。 そのマティスの美術館がニース北部シミエの丘にありま …
交通機関

【2024年】ニースのバス・トラムお得な切符の選び方と乗り方・料金・チケット購入方法【リーニュ・ダジュール】

2024年3月12日
フランスボックス|フランス旅行情報
ニースを拠点に6日間、バスとトラムを使ってあちこちまわってきました。 ニースには、市内全域を網羅する公共交通機関Lig …