基本情報・旅のヒント

フランス旅行に必須!ETIAS(欧州渡航情報認証制度エティアス)徹底ガイド

ETIASエティアスとはEU(欧州連合)へ入国する際に必要な欧州渡航情報認証制度です。

聞きなれない言葉ですが、既にアメリカ等で導入されているESTAエスタのヨーロッパバージョンと考えてください。

短期滞在の場合、今まで日本人はビザなしで入国が可能な国がほとんど。ヨーロッパもパスポートと航空券だけあれば気軽に旅行することができました。

しかし2023年からは事前にETIASエティアスの取得が必要となります!!

今のところ11月開始を予定しており、半年ほどの移行期間が設けられるとかなんとか。

いったん開始されると、申請し忘れで入国できなくなります。絶対忘れないようにしておきましょう!(ESTAを見ていると恐らく日本の空港でチェックインの時点で断られると思います)

ETIAS(欧州渡航情報認証制度)

ETIASが必要な国一覧

対象国は下記の通り。日本人がよく行くヨーロッパの旅行先はEUを抜けたイギリス以外ほとんど全て必要だと思っておいた方が良いですね。

ほとんどの国のコロナ状況については各国の治安記事に情報をまとめているので、渡航の際の参考になりますように!

  • オーストリア
  • ベルギー
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • エストニア
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • ハンガリー
  • イタリア
  • ラトビア
  • リトアニア
  • ルクセンブルグ
  • マルタ
  • オランダ
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • スロバキア
  • スロヴェニア
  • スペイン
  • スウェーデン
  • アイスランド
  • リヒテンシュタイン
  • ノルウェー
  • スイス
  • サンマリノ
  • モナコ
  • バチカン

ETIASが必要な人

冒頭でご紹介した通り、90日以内の短期滞在で観光やビジネスのため入国する全ての人がETIASの対象。EU在住者はETIASの申請が不要です。

また別途ビザを持っていれば対象外。今までビザフリーで入国できていた人向けの制度です。

ESTAも同様ですが、過去に前科があるかどうか問われる可能性があります。

ETIASの有効期限

  • 有効期限は3年
  • 最長90日間の滞在可能
  • 即日~4週間で審査完了

ESTAと同じくETIASもオンラインで申請可能。取得までは即日~4週間程度かかることもあるようです。

シェンゲンビザとの違いもまとめてみました。

ETIASシェンゲンビザ
申請方法オンライン大使館での申請・面接
有効期限3年6ヶ月

ETIAS申請方法

2022年12月現在、まだ申請は始まっていませんが、各代理店ではすでに流れの解説などが始まっています。

運用が開始になり次第、自分で申請して申請方法を紹介します。

ESTAと同じく公式は英語のみで、日本の代理店を通すと料金が高くなる代わりに日本語で申請できるのではないかと予想。

ETIASまとめ

ヨーロッパでテロが多発した2016年以降、安全保障の観点からETIASの導入が決定しました。

ETIASの取り組みによって犯罪が減り、日本人にとってもより旅行しやすい環境が整っていくでしょう。

正直ひと手間増えてめんどくさいな…と思うところではありますが前向きに受け止めたいですね!

\お知らせとお願い/

もし記事が役に立った・活動を応援してもいいよ
という方がいらっしゃればサポートいただけると本当に嬉しいです。

みなさんのサポートにより
活動が継続できます。

>> Amazon欲しいものリストでサポートする
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる