ショッピング

パリ自分用土産はBULYで決まり!在住者が教える1803年創業伝説の美容薬局

この記事を書いた人
マリ@旅ブロガー オハヨーツーリズム
当ブログ「フランスボックス」はフランスが大好きな旅ブロガーのマリと、パリに2年間芸術留学していたおにちゃんのふたりで運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信しています。記事が役に立ったらSNSや友人にシェアしてくださると嬉しいです!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。

古くから香りの歴史をもつフランス。

世界でもトップクラスの香水として名前を挙げるブランドの多くは、フランスのものです。

フランスは「香りの文化」といわれるほど、フランス人にとって香水はとても身近なもの。
そしてその香りを生み出すのが「調香師」。

調香師であり、BULYの創業者であるジャン=ヴァンサン・ビュリーは新しい技術を使い、水性香水や香り付きの化粧品を次々と生み出しました。

BULYの店舗は独特の雰囲気があり、お買い物をしなくても足を運んでみる価値があるほど素敵です。

今回は、パリで自分用のお土産や大切な人への特別なプレゼントにおすすめの人気アイテムをご紹介します!

こんな方におすすめ!
  • BULYのカリグラフィーを見てみたい
  • BULYのおすすめ商品を知りたい
  • 日本との価格差が知りたい

BULY(ビュリー)をおすすめする理由

1803年にオフィシーヌ・ユニヴェルセル1号店をオープンさせたあと、ヨーロッパを席巻。

長らく休業していましたが、2014年復活し、今では日本でも大人気のブランドになるほど成長しました。

わたしがBULY好きな理由はいくつかありますが、代表的なのはこの3つでしょうか。

  • 唯一無二の世界観
  • 高級感のある深い香り
  • 商品パッケージの美しさ

一度お店に行ったことがある人ならよくわかると思いますが、BULYには独特の世界観があり、一気にタイムスリップしたかのような不思議な感覚になります。

BULY(ビュリー)の人気アイテム日本との価格差

最近は円安傾向にあるため、正直日本との価格差はほとんど感じませんでした。

BULYは全体的に商品自体が重いので、荷物が気になる方は日本で購入するのも手だと思います。

わたしの場合は、日本で購入するよりも「パリで買った!」ということにテンションが上がり幸せな気分になるため、多少重くてもやはりパリで買うことに意味があると感じています。

BULY(ビュリー)の店舗で受けられる特別なサービス

パリのビュリーでカリグラフィーのサービスを受けるパリのビュリーでカリグラフィーのサービスを受ける

BULYの買い物でぜひ体験してほしいのが、購入した商品にひとつひとつカリグラフィーで名前を書いてくれるサービス!

芸術的な美しい文字芸術的な美しい文字

もちろん日本やウェブサイトでもこのサービスを受けることができますが、フランスで、フランス人によるカリグラフィーがもう、本当にたまりません!

すべての所作が美しく、まるで映画の中に入ったかのような気分。

お店に入り、水性香水で好みの香りを見つけ、商品を選んで名前を入れてもらうまでがセットで素晴らしい体験でした。

人気所品のリップバーム「ボーム・デ・ミューズ」人気所品のリップバーム「ボーム・デ・ミューズ」

その他にも、イニシャルを刻めるリップバームもビュリーのベストセラー。

好きな色とアルファベットを選んで、世界でひとつのギフトをプレゼントするなんてとっても素敵ですよね!

BULY(ビュリー)の人気アイテム

それではビュリーでわたしがおすすめしたいアイテムを一気に紹介していきます。

香りはビュリーの代表商品である、水性香水と同様、12種類用意されているものもあれば、1~7種類程度のものまで商品によってまちまち。

まずは店頭で水性香水を試して好みの香りを探してから、色んなアイテムに挑戦するのがおすすめです。

ボディケア

  • ボディオイル
  • ボディミルク
  • ハンド・ふっとクリーム
  • ソープ・ボディーソープ
  • バスソルト

スキンケア

  • クレンジング
  • 化粧水
  • オイル
  • フェイスクリーム

オー・トリプル|水性香水

BULY オー・トリプル|水性香水BULY オー・トリプル|水性香水

オー・トリプルはアルコールやエタノールを一切使用しない水性香水です。

写真のようなボトルで香りを試して、お気に入りを探してみましょう!

水性香水なので、香りは控えめ。しかし、揺るぎなく優しく長時間持続するので強い香水が苦手な方にもおすすめです。

ちなみに、日本人から人気があるのは上品な花の香りがする「ヘリオトロープ・デュ・ペルー」

また、オートリプルの12種類の香水が入っている「ラ・ドゥゼーヌ・パルフュメ」も、ビュリーの世界観を楽しめるのでおすすめです。

ユイル・アンティーク|ボディオイル

セサミとアプリコットのオイル配合のフレグランスボディオイル。

香り高く、サラッとした使用感のボディオイルで、入浴後の使用がおすすめ。お肌に潤いを与え、幸せな香りに包まれます。

フルール・ドランジェ・ドゥ・ベルカンヌ

フルール・ドランジェ・ドゥ・ベルカンヌは、爽やかなオレンジブロッサムとベルガモット、ネロリが配合されている贅沢なボディオイル。

大人の魅力を感じさせる深い香りは、女性から大人気で日本でもリピーター続出の商品です。

お風呂上がりの肌に、マッサージをしながら塗ると保湿効果&さらにリッチな気分に♪

チュベローズ・ドゥ・メキシク

なんといっても、チュベローズ・グローブ・バニラ・ムスクの女性らしい香りが大人気。

香水マニアからの評価も高く、香りは、このオイル1本になってしまった!との口コミも多数あります。

心地よく全身をケアしていきたい、自分への贅沢なお土産にぴったり。

ローズ・ドゥ・ダマス

ローズ・ドゥ・ダマスは、ローズ・ジンジャー・ベチバーの大人な香りが魅力。

ローズの香りも心地よく、さらに保湿を上げたい方は、ローズ・ドゥ・ダマスのボディミルクと一緒に贅沢に使うのもあり。

リケン・デコス

リケン・デコスは、ガルバナム・苔・パチュリが配合された爽やかなグリーン系の香り。

今までにないような香りのオイルで、唯一無二の存在を感じます。

男性ウケする香りではないかもしれませんが、とにかく癒しの香りが好きでリピーターの多い商品。

ヘリオトロープ・デュ・ペルー

ヘリオトロープ・デュ・ペルーは、白い花々・トンカビーンズ・スミレの上品な香りのオイル。

好みは分かれるかもしれませんが、清楚で女性らしくどこか妖艶な香りに、どハマりしリピートしてしまう人が多いようです。

自分の雰囲気と合うものが見つかると、テンションが上がるので使いたい場所をイメージしてオイルを探すのもいいですね。

レ・ヴィルジナル|ボディミルク

レ・ヴィルジナルは、ビュリーの贅沢な香りを楽しめるボディミルク。

ご紹介してきたオイルシーリーズと同じ香りのボディクリームが勢揃いしています。

なかでも人気なのが、爽やかな香りの「リケンデコス」。甘すぎない匂いが使いやすいと評判です。

ぜひ、オイルとミルクのライン使いで保湿バッチリなケアを楽しんでみてください。

また女子力を上げたい女性は、やっぱり薔薇の魅力たっぷりなローズ・ドゥ・ダマスのボディミルクをリピしています♪

オー・ スゥペールフィヌ|化粧水

オー・スゥペールフィヌは、爽やかな薔薇の蒸留水がベースの自然派化粧水。

肌を整え滑らかな使用感で、特に夏場のスキンケアとして人気です。他の香りはなく、その他の化粧水はクレンジングウォーターになります。

ユイル・ドゥ・サヴォン|ボディソープ

ユイル・ドゥ・サヴォンは、ビュリーのお洒落なフレグランスリキッドソープのこと。

オイル&ボディミルクと同等の、香りが勢揃いしています。

注目度が高いのは、男女共に使いやすい爽やかな香りの「フルール・ドランジェ・ドゥ・ベルカンヌ」。

洗いあがりが、しっとりもっちりする高級ボディソープ。

ポマード・コンクレット|ハンドクリーム

ポマード・コンクレットは、シアバターとミツロウを贅沢に配合されたハンド&フットクリーム

硬めのテクスチャーですが、しっかりなじませると、お肌が柔らかく滑らかになります。

  • 【青】ポマード・コンクレット(カモミールのフラワーエキス配合)
  • 【赤】ドゥーブル・ポマード・コンクレット(ユーカリとスイートオレンジのエッセンシャルオイルを配合)

伸びが重視なら、赤がおすすめですが、香りが苦手な人もいるようです。

青は固めなので、夜に時間をかけてこっくり塗るのがおすすめ。

オピ・ダンテール|歯みがき粉

オピ・ダンテール|歯みがき粉オピ・ダンテール|歯みがき粉

オピ・ダンテールは、ビュリーの高級感溢れる歯みがき粉。

この歯みがき粉には効能の高い温泉水が配合されており、フッ化物不使用。

少し高めですが、口腔内の健康維持のために使用されている方が多いです。

気になる香りは、下記の3種類!

  • マント-コリアンドル-コンコンブル(ミント、コリアンダー、きゅうり)
  • ポム・ドゥ・モントバン(モントーバン産りんご)
  • オランジュ-ジャンジャンブル-ジロフル(オレンジ、ジンジャー、クローブ)
歯ブラシ歯ブラシ

センスの良い歯ブラシとセットでいかがでしょう。

BULYパリの店舗情報

パリには現在4店舗あります。いずれも人気スポットの近くなので、観光にからめて立ち寄ってみてください!

①【6区】SAINT-GERMAIN-DES-PRESサンジェルマン デ プレ
住所 6 rue Bonaparte 75006 Paris 地図
最寄り メトロ4号線Saint-Germain-des-Présサンジェルマン デ・プレ駅から徒歩4分
定休日 日曜日
②【3区】LE HAUT-MARAISル オ マレ
住所 45 rue de Saintonge 75003 Paris 地図
最寄り メトロ8号線Filles du Calvaireフィーユ デュ カルヴェール駅から徒歩4分
定休日 月曜日
③【4区】LE MARAISル マレ
住所 19 rue Vieille du Temple 75004 Paris 地図
最寄り メトロ1号線Saint-Paulサン ポール 駅から徒歩5分
定休日 なし
④【7区】LE BON MARCHÉ RIVE GAUCHEル ボン マルシェ リーヴ ゴーシュ
住所 24 Rue de Sèvres 2ème étage 75007 Paris 地図
最寄り メトロ10・12号線Sèvres-Babyloneセーヴル バビロン駅から徒歩1分
定休日 なし

店舗や定休日の情報はOfficine Universelle Buly公式サイトを参考にしています。

BULYで買うべきお土産アイテムまとめ

BULYはパリでも大好きなお店のひとつ!

独特の世界観で、多くの人を惹きつけます。

実際の店舗は写真以上に素敵なので、ぜひお時間に余裕があれば立ち寄ってくださると嬉しいです。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリのホテル選びは本当に難しく、日本と違って価格と質が一致しないことも多いため、あらかじめ、情報をインプットしておくのがおすすめです!

当ブログ「フランスボックス」ではパリ在住者が教えるホテルの選び方と安全でコスパの良いおすすめエリアでホテルに関する注意点や知っておきたい情報をまとめました。

日本人に最も人気のエリアで、わたしたちもおすすめするオペラ座周辺のホテルについてもぜひご覧いただけると嬉しいです!

予算はどれくらいかかっても一流ホテルに泊まりたいという方は、パレスホテルの代表、オテルリッツをおすすめします。

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルで、サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

オテルリッツの料金を
チェックしてみる

関連記事
no image ショッピング

フランスの人気ファッションブランド13選とパリのおすすめショッピングエリア

2023年6月5日
フランスボックス|フランス旅行情報
パリでしたいことのひとつは、やっぱりショッピング! とにかくハイセンスで素敵なものが多く、ウィンドーショッピングしているだけでも心躍り …
ボンマルシェ 7区(エッフェル塔・アンヴァリッド)

ボンマルシェ完全攻略!行き方・見どころ・お土産徹底ガイド《パリ百貨店》

2023年3月18日
フランスボックス|フランス旅行情報
パリの左岸にある「Le Bon Marchéル・ボン・マルシェ」は、パリで最も古いデパート。 なんとパリだけではなく、世界初の百貨店と …