MENU

グルメ・レストラン

フランス土産の人気おすすめマカロンと在住者が教える選び方のコツ

この記事を書いた人
マリ@旅ブロガー オハヨーツーリズム
当ブログ「フランスボックス」はフランスが大好きな旅ブロガーのマリと、パリに2年間芸術留学していたねるのふたりで運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信しています。記事が役に立ったらSNSや友人にシェアしてくださると嬉しいです!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。

フランスのお菓子と言ったら、真っ先に思い出すが「マカロン」!

コロンとした形とカラフルな色がとても可愛くて、お土産にも喜ばれるお菓子です。

もともとは素朴なお菓子でしたが、パリの老舗パティスリー「ラデュレ」から「マカロン・パリジャン」が誕生しました。

マカロン・パリジャンは元来の製法とは異なり、手間をかけたワンランク上のスイーツとして親しまれています。

このページでは、パリを訪れたらぜひ足を運びたいマカロンのお店をご紹介します。

お得情報

当サイト限定クーポン

フランスのツアーやチケットは
現在どこも価格が高騰中
クーポンで少しでもお得に購入しよう!

フランス割引クーポン

現地ツアーはもちろん
入場チケット・バス送迎にも使えるよ

随時最新情報を更新

パリ観光をお得にする
割引クーポン一覧

パリで人気のマカロン7選

ラデュレ LADURÉE

ラデュレのマカロンラデュレのマカロン

マカロンといえば、ラデュレ!

「マカロン・パリジャン」が誕生したのもこのお店からでした。

マカロン生地に様々なフレーバーのガナッシュを挟み、宝石のような美しいマカロンを考案し、今やフランスを代表するスイーツとして世界中で大ヒットしました。

種類がたくさんあるので迷ってしまいますが、バラ売りもしているので、まずは興味のあるマカロンを味見してみてください。

季節限定のフレーバーもあるので、要チェックです!

お土産にはマカロン専用の可愛いボックスに入れてもらいましょう♡

ピエール・エルメ Pierre Hermé

「パティスリー界の巨匠」と呼ばれるピエール・エルメを代表するスイーツの1つが、マカロンです。

ピエール・エルメの代名詞ともいえる「イスパハン」のマカロンなど、定番のフレーバーから季節限定のフレーバーまで、バラエティ豊かな芸術性の高いマカロンが味わえます。

高級スイーツだけあってお値段も張りますが、クオリティはお墨付き!

マカロン好きなら絶対に外せないお店です。

カレット Carette

1927年創業の老舗サロン・ド・テ「カレット」。ここの定番&人気スイーツもマカロンです!

日本未上陸なので、パリに来たらぜひ味わっておきたいところ。

お土産用にもおすすめですが、せっかくなのでサロン・ド・テで優雅にお茶をしながらマカロンをお試しください♡

キャトルヴァンシス・シャン 86 Champs

キャトルヴァンシス・シャンは、「ピエール・エルメ」とコスメブランドの「ロクシタン」のコラボのお店。

カフェスペースもあり、シャンゼリゼ大通りでお買い物したついでに立ち寄れるお店です。

マカロンは、この店でしか買えないブティック限定のフレーバーがあるので、ぜひ味わっておきたいところ!

またロクシタンの限定コスメも手に入りるので、合わせてチェックしておきましょう。

ジャン・ポール・エヴァン Jean-Paul Hevin

数々のタイトルをもつ有名ショコラティエ「ジャン・ポール・エヴァン」。

ここのマカロンのおすすめは、マカロンショコラ。

ガナッシュの美味しさが際立った甘さ控えめの大人の味です♡

ご存知の方もいると思いますが、2005年にフィガロ誌が選ぶマカロンのクラシック部門で最優秀賞を受賞した経歴をもちます。

まだマカロンショコラを試したことのない方は、ぜひ一度試してみてください!

パティスリー・サダハル・アオキ SadaharuAOKI

パリを拠点に活躍する日本人パティシエ「サダハル・アオキ」。

マカロンはサダハル・アオキの看板商品で、10種類のフレーバーがあります。

生地がふんわり柔らかく、繊細な口当たりで、パリジャンたちにも大人気!

マカロンに初めて和を取り入れた「抹茶マカロン」は、今でも根強い人気です。

ダロワイヨ DALLOYAU

1802年創業の老舗メゾン・ド・ガストロノミーの「ダロワイヨ」。

マカロンの歴史も古く、1832年から変わらない手法で作り続けられています。

伝統を守りながらも、新しいフレーバーも加え、100種類以上のマカロンが作られてきました。

定番のフレーバーはもちろん、季節限定のマカロンもお見逃しなく!

マカロンの持ち帰り方と注意事項

マカロンは高級菓子なので、パリのお土産にとても喜ばれます!

ただし、マカロンは生菓子なのであまり日持ちしません。購入する場合は最終日がおすすめです。

賞味期限

また、マカロンの賞味期限はお店によって違うため、お土産に購入する際は、必ず賞味期限を確認しましょう。

賞味期限の目安としては冷蔵で1〜3日ほど
生クリームや生のフルーツを使用しているものは、当日か翌日まで

常温保存しているものは1~2週間のことも

機内持ち込みNG

マカロンのクリームが液体扱いとなり、見つかった場合に没収される可能性があります。

わたしはこれを知らない時にカバンに入れて機内のおやつとして楽しみましたが、運が悪ければなくなっていたかも・・・と思うと怖い!

まとめ

おすすめのマカロンブランドを紹介しました!

パティスリーによってさまざまフレーバーがあるので、ぜひお気に入りのブランドを見つけてくださいね。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリのホテル選びは本当に難しく、日本と違って価格と質が一致しないことも多いため、あらかじめ、情報をインプットしておくのがおすすめです!

当ブログ「フランスボックス」ではパリ在住者が教えるホテルの選び方と安全でコスパの良いおすすめエリアでホテルに関する注意点や知っておきたい情報をまとめました。

日本人に最も人気のエリアで、わたしたちもおすすめするオペラ座周辺のホテルについてもぜひご覧いただけると嬉しいです!

予算はどれくらいかかっても一流ホテルに泊まりたいという方は、パレスホテルの代表、オテルリッツをおすすめします。

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルで、サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

オテルリッツの料金を
チェックしてみる