フランス世界遺産

フランスの世界遺産に行こう!全43ヵ所ご紹介~古代遺跡~

世界遺産シリーズ第四弾!

前回は、世界遺産の中でも、歴史地区・街並編にスポットを当ててご紹介しました~。

今回は、古代遺跡編として、古代ローマ時代の遺跡などを5つご案内いたします♪

>>>フランスの世界遺産に行こう!全43ヵ所ご紹介~歴史地区・街並編②~

東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!
往復たった6万円のチケットをとったことも・・・。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


オランジュのローマ劇場とその周辺及び「凱旋門」

オランジュのローマ劇場とその周辺及び「凱旋門」 基本情報

南フランスのプロヴァンス地方にある町オランジュ。

かつてローマ帝国の重要な町として栄えたこの町には、完ぺきな形で残された古代劇場と凱旋門があります。

特に古代劇場は、舞台背後の石壁が2000年前と同じように残っている貴重な遺跡なんだとか。

そして現在でも、オペラ&音楽フェスティバルが開催されたりと劇場としての役割を担っているから驚きです!

凱旋門は、カエサルのプロヴァンスでの勝利を記念して造られました。
※カエサルとは、「ブルータス、お前もか」でおなじみの、ガイウス・ユリウス・カエサルです!

カエサルの功績をたたえるように、躍動感のある戦闘の場面が彫刻で表現されています。

パリの凱旋門より小さいですが、迫力のある彫刻は必見です!

オランジュのローマ劇場とその周辺及び「凱旋門」 ベストシーズン

ベストシーズンは、『4~9月』。

10月~3月までは古代劇場の営業時間が短くなるので注意が必要です!

1981年登録

住所:Rue Madeleine Roch, 84100 Orange, フランス

アクセス:パリから電車で3時間半ほど

アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群

アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群 基本情報

有名な観光地でもある、アルルの町は南フランスのプロヴァンス地方にあります。

「ガリアの小ローマ」と呼ばれていたほどローマ帝国では重要な町だったアルル。

今でも数多くの古いローマ遺跡が残されています。

円形競技場や古代劇場、地下回廊や浴場など見どころがたくさん!

どことなく、イタリアのコロッセオやポンペイ遺跡のような雰囲気が…。

かつて、ローマ帝国だったことを思わせる歴史のある町並みです。

アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群 ベストシーズン

ベストシーズンは、『5~9月』。

この時期は、各古代遺跡の入場時間が19時までと長いのでおすすめです。

1981年登録

住所:1 Rond-Point des Arènes, 13200 Arles, フランス【円形闘技場】

アクセス:バリから電車で4時間ほど

ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)

ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋) 基本情報

プロヴァンス地方のニームとアヴィニョンの中間あたりにあるローマ時代の水道橋です。

なんと高さは48m!!

2000年も前に建てられた橋とは思えないほど大きな水道橋です。

当時はこの橋を使って、50kmも先の町に水を流していたそうですよ。

古代ローマ人って本当にすごい…。

現在は、最下層のアーチの上を道路として使用していますので、実際に歩いてみることもできます。

橋の左岸には、ポン・デュ・ガールのミュージアムが併設されています。

橋の下を流れるガルドン川やその周りは大自然に囲まれているので、橋からの眺めもとても美しいです♪

ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋) ベストシーズン

ベストシーズンは、『5~9月』。

大自然の中にたたずむ橋の美しい景観を楽しむなら、暖かい時期がおすすめです!

アクセス方法がバスになってしまうので、本数が少ない冬は避けたほうがベター。

1985年登録

住所:400 Route du Pont du Gard, 30210 Vers-Pont-du-Gard, フランス

アクセス:ニームもしくは、アヴィニョンからバスで40~45分ほど

アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群

※動画は、ドイツの杭上住居群

アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群 基本情報

紀元前5000年~500年ころ、アルプス山脈のまわりに建てられた杭上住居の遺跡群が世界遺産に登録されました。

フランスだけではなく、スイス、イタリア、ドイツ、オーストリア、スロベニアの6か国111件が該当します。

杭上住居とは、簡単に言うと水上コテージのような建物のことです。

111件のうち、フランスで世界遺産に登録されたのは11件。

ですが、、、

じつはフランスの杭上住居は、杭しか残っていません…。

アヌシー湖などの湖に残された杭上住居群は、一見すると湖から突き出てるただの棒。

ガイドブックや旅行記でもなかなかお目にかかれない、ひっそりとした世界遺産のようです…(笑)

ですが、アヌシー湖は自然に恵まれた大変きれいなところですから、バカンスを過ごす方で賑わっていますよ!

アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群 (アヌシー湖)ベストシーズン

せっかくなので、アヌシー湖について記しておきますね!

ベストシーズンは、夏~初秋。

ヨーロッパで最も透明度が高いとされるアヌシー湖。

湖畔には小さな村やアヌシー城があり、まるで絵本のなかの風景みたい!

2011年登録

住所:アヌシー, フランス

アクセス:バリから電車で4時間ほど

ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群

ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群 基本情報

ペリゴール地方に点在する、洞窟に描かれた色とりどりの壁画群。

クロマニョン人が描いた動物や人の姿は、一体なにを表しているのでしょうか?

ラスコーの洞窟にある壁画は、1940年に犬を探していた4人の少年が偶然発見したものです。

私は、映画「スタンド・バイ・ミー」みたいだなーと思ってちょっとワクワクしました♪

このラスコーの洞窟は保存のため、公開されていません。

少し離れたところに「ラスコー2」とされたコピーを見学することになります。

コピーとはいえ、本物とそっくりな洞窟を再現し、壁画も同じ素材を使って精密に描かれています。

ルフィニャック洞窟は、本物の壁画を見ることができます。

トロッコに乗って洞窟を見学するスタイルが面白くて好評なようですよ。

ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群 ベストシーズン

ベストシーズンは、『5~10月』。

11月~4月中旬あたりまで洞窟自体がクローズしているので、注意が必要です!

夏でも洞窟内は冷えるので、防寒着を忘れずに。

1979年

住所:グロット・ド・ラスコー モンティニャック,フランス【ラスコーの洞窟】
Grandville, 24580 Rouffignac-Saint-Cernin-de-Reilhac, フランス【ルフィニャック洞窟】

アクセス:【ラスコーの洞窟】モンテニャック中心街から約2キロ。
【ルフィニャック洞窟】レゼジーから約18キロ。

2カ所とも電車やバスなどがないので、アクセスが難しく、ツアーやタクシーで訪れる方が多いです。

まとめ

フランスがかつてローマ帝国に支配されたいたことを物語る、古代遺跡の数々。

歴史に疎い私でも、フランスの歴史の深さに驚きました!

個人的には洞窟が気になっています…。

あの絵には、何か重大な秘密が隠されてる!?なんて妄想してしまいました(笑)

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる