フランス観光情報

パリ・モンマルトルの観光おすすめスポット4選

 

お洒落な人たち、おいしいスイーツや料理、きれいな景色、多くの人が憧れる場所パリ。

旅行が趣味で、世界各国訪れている筆者ですが、パリは流れる空気が何となく違う気がします。どこを歩いても映画の世界にいるかのようでやはり特別な場所。

観光名所がたくさんあるのでどこに行くか迷ってしまいますが、今回はパリのモンマルトルについて紹介したいと思います。個人的に一番雰囲気が好きな場所!

サクレ・クール寺院(Basilique du Sacré-Cœur)

パリの中心地からみて北、こんもりと一段高くなっているところ、それがモンマルトルの丘です。

このサクレ・クール寺院はその丘の頂上に立っていて、この地域の代表的な建物となっています。19世紀後半には、寺院の近くにに当時の新進画家たちがアトリエをかまえ、芸術の舞台となりました。

筆者が実際に訪れた際も、筆を手にとっている人たちがたくさんいましたよ!

丘の頂上にあるので、パリの景色も一望できます♪

サクレ・クール寺院への行き方

住所35 Rue du Chevalier de la Barre, 75018 Paris, France
アクセスメトロ12番線「Abbesses」駅
メトロ2番線「Anvers」駅

カフェ・デ・ドゥ・ムーラン(Café des Deux Moulins)

パリといえば映画の舞台としても有名ですね!

こちらのカフェは、映画「アメリ」に登場するので見覚えのある方も多いかもしれません。

店内の壁やトイレには数々のぐっつやポスターが飾られていました。
世界中からのファンや観光客、そして地元の人でいつも混みあっています。

筆者も訪れた際には人気のクリームブリュレを注文!
スプーンで表面をカチカチ割って、おいしくいただきました^^♪

カフェ・デ・ドゥ・ムーランへの行き方

住所15 Rue Lepic, 75018 Paris, France
アクセスメトロ2番線「Blanche」駅
メトロ12番線「Abbesses」駅

テルトル広場(Place du Tertre)

こちらの広場では多くの人が似顔絵や風景画を描く画家が露店を連ねています。

昔にはピカソやルノワールも住んでいた地です。今も芸術の香りがたっぷりですね。

訪れた思い出に、似顔絵を描いてもらうのもいいですね☆

広場の周りにはカフェや土産屋もたくさんあるので、雰囲気を楽しみつつ休憩するものいいかもしれません^^

テルトル広場への行き方

住所Place du Tertre, 75018 Paris, France
アクセスメトロ12番線「Abbesses」駅

ジュテームの壁(Le mur des je t’aime – Wall of Love)

メトロ12番線「Abbesses」駅から地上にあがるとすぐに見えてくるこの壁。

この壁に書かれているのはすべて「愛してる」という意味の言葉。
なんと、311の異なる言語で書かれているそうです!

もちろん日本語でも「愛しています」、あります。
見つけておもわずクスっとしてしまいました。笑

パリと言ったら愛の都、というイメージもあると思います。
観光客はもちろん、地元のカップルがたくさん見に来ていました。

以前は知りませんでしたが、Instagramでも人気のスポットのようです☆
ここでプロポーズ!なんてものありかもしれませんね^^

ジュテームの壁への行き方

住所Square Jehan Rictus, Place des Abesses, 75018 Paris, France
アクセスメトロ12番線「Abbesses」駅

まとめ

4つの場所を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

パリというと中心地ばかり観光してしまいそうですが、ぜひ北のほうまで足を伸ばしてみてください☆

芸術感あふれる下町モンマルトルの魅力をぜひ味わっていただきたいです^^
ボンボヤージュ!

パリを観光するならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
パリの人気観光スポットが
最大46%オフになるって知ってる?

美術館の優先入場や
セーヌ川クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる